出版案内
福祉事業団

新年祝う屏風華やかに 京都・源氏物語ミュージアムで企画展

松や鶴が描かれた「雪中松鶴図屏風」。企画展では新春にふさわしい屏風が並んでいる(宇治市宇治・市源氏物語ミュージアム)
松や鶴が描かれた「雪中松鶴図屏風」。企画展では新春にふさわしい屏風が並んでいる(宇治市宇治・市源氏物語ミュージアム)

 新春を祝う画題の屏風(びょうぶ)を集めた企画展「寿(ことほ)ぐ屏風絵」が6日、京都府宇治市宇治の市源氏物語ミュージアムで始まった。新年にふさわしい松や鶴、洛中の正月風景を描いた作品が並び、華やいだ雰囲気が醸し出されている。

 江戸の画師狩野氏信が手がけた「雪中松鶴図屏風」は、雪をかぶった大ぶりの松の周りで、鶴が羽を広げている様子などを表現。発色が鮮やかで、正月らしい一品として存在感を放つ。

 江戸時代の「正月風俗図屏風」は武家と公家の正月を描き、武家では門松(根引松)やしめ縄が飾られ、少女たちが羽根突きに興じている。公家の屋敷では新年を祝う「松囃子(まつばやし)」が営まれ、ボタンの花を飾った風流傘(ふりゅうがさ)を中心に人々が舞い踊っている。

 企画展は来年2月18日まで。1月2日と同30日に展示替えがあり、期間を通して屏風は3点ずつ並べる。家塚智子学芸員は「屏風は画面が大きく、たくさんの人が一緒に鑑賞できる。気楽に訪れて楽しんでほしい」と話している。

 月曜(祝日の場合は翌日)と12月28日~1月1日は休館。観覧料は大人500円。

【 2017年12月12日 17時00分 】

ニュース写真

  • 松や鶴が描かれた「雪中松鶴図屏風」。企画展では新春にふさわしい屏風が並んでいる(宇治市宇治・市源氏物語ミュージアム)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      野党、首相の施政方針に反発
      「都合の良い数字でごまかし」

      20180122000193

       野党各党は22日、安倍晋三首相の施政方針演説について「都合の良い数字や事実を並べ立て、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      フィギュアの宮原、宇野らが調整
      24日から四大陸選手権

      20180122000063

       【台北共同】欧州以外の国・地域が参加して24日に開幕するフィギュアスケートの四大陸選手..... [ 記事へ ]

      経済

      「ものづくり大賞」24件を表彰
      首相「未来開く原動力」

      20180122000180

       政府は22日、製造現場や伝統技術で優れた功績のあった人材をたたえる第7回「ものづくり日..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「学問のため」帝国と同化 <京大が持ち去った人骨>

      20180122000110

       京都大は、戦前から収集してきた人骨標本について、存否を含め一切の回答を拒んでいる。樺太..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      再挑戦の小型ロケット、模型公開
      堀江さんら創業の宇宙ベンチ

      20180122000196

       実業家の堀江貴文さんらが創業した北海道の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」が..... [ 記事へ ]

      国際

      法王の南米歴訪、チリでは影
      聖職者の性的虐待問題に批判

      20180122000130

       【リマ共同】ローマ法王フランシスコが21日、南米チリ、ペルー歴訪を終えた。アルゼンチン..... [ 記事へ ]