出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

新年祝う屏風華やかに 京都・源氏物語ミュージアムで企画展

松や鶴が描かれた「雪中松鶴図屏風」。企画展では新春にふさわしい屏風が並んでいる(宇治市宇治・市源氏物語ミュージアム)
松や鶴が描かれた「雪中松鶴図屏風」。企画展では新春にふさわしい屏風が並んでいる(宇治市宇治・市源氏物語ミュージアム)

 新春を祝う画題の屏風(びょうぶ)を集めた企画展「寿(ことほ)ぐ屏風絵」が6日、京都府宇治市宇治の市源氏物語ミュージアムで始まった。新年にふさわしい松や鶴、洛中の正月風景を描いた作品が並び、華やいだ雰囲気が醸し出されている。

 江戸の画師狩野氏信が手がけた「雪中松鶴図屏風」は、雪をかぶった大ぶりの松の周りで、鶴が羽を広げている様子などを表現。発色が鮮やかで、正月らしい一品として存在感を放つ。

 江戸時代の「正月風俗図屏風」は武家と公家の正月を描き、武家では門松(根引松)やしめ縄が飾られ、少女たちが羽根突きに興じている。公家の屋敷では新年を祝う「松囃子(まつばやし)」が営まれ、ボタンの花を飾った風流傘(ふりゅうがさ)を中心に人々が舞い踊っている。

 企画展は来年2月18日まで。1月2日と同30日に展示替えがあり、期間を通して屏風は3点ずつ並べる。家塚智子学芸員は「屏風は画面が大きく、たくさんの人が一緒に鑑賞できる。気楽に訪れて楽しんでほしい」と話している。

 月曜(祝日の場合は翌日)と12月28日~1月1日は休館。観覧料は大人500円。

【 2017年12月12日 17時00分 】

ニュース写真

  • 松や鶴が描かれた「雪中松鶴図屏風」。企画展では新春にふさわしい屏風が並んでいる(宇治市宇治・市源氏物語ミュージアム)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      横浜で「宇都宮餃子祭り」
      16店、魅力アピール

      20180420000122

       宇都宮市のギョーザ店16店舗が集まる「宇都宮餃子祭り」が20日、横浜市中区の横浜赤レン..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      春巡業、関脇栃ノ心は順調
      大関とりへ「やってやる」

      20180420000127

       大相撲の春巡業は20日、東京都町田市で行われ、夏場所(5月13日初日・両国国技館)で初..... [ 記事へ ]

      経済

      「スイッチ」向け工作キット発売
      任天堂、新たな遊び方提案

      20180420000126

       任天堂は20日、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」向けに、段ボールで作ったピアノや..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      巨大ナメクジ1都7県に拡大か 京大助教が目撃情報収集

      20180420000115

       雨上がり、外に出てふと物陰を見るとのっそりはっている姿に気づきぞっとする-。ナメクジが..... [ 記事へ ]

      国際

      22日にパラグアイ大統領選
      中道右派候補が圧倒的優勢

      20180420000113

       【ハバナ共同】南米パラグアイで22日、カルテス大統領の任期満了に伴う大統領選が行われる..... [ 記事へ ]