出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

新年祝う屏風華やかに 京都・源氏物語ミュージアムで企画展

松や鶴が描かれた「雪中松鶴図屏風」。企画展では新春にふさわしい屏風が並んでいる(宇治市宇治・市源氏物語ミュージアム)
松や鶴が描かれた「雪中松鶴図屏風」。企画展では新春にふさわしい屏風が並んでいる(宇治市宇治・市源氏物語ミュージアム)

 新春を祝う画題の屏風(びょうぶ)を集めた企画展「寿(ことほ)ぐ屏風絵」が6日、京都府宇治市宇治の市源氏物語ミュージアムで始まった。新年にふさわしい松や鶴、洛中の正月風景を描いた作品が並び、華やいだ雰囲気が醸し出されている。

 江戸の画師狩野氏信が手がけた「雪中松鶴図屏風」は、雪をかぶった大ぶりの松の周りで、鶴が羽を広げている様子などを表現。発色が鮮やかで、正月らしい一品として存在感を放つ。

 江戸時代の「正月風俗図屏風」は武家と公家の正月を描き、武家では門松(根引松)やしめ縄が飾られ、少女たちが羽根突きに興じている。公家の屋敷では新年を祝う「松囃子(まつばやし)」が営まれ、ボタンの花を飾った風流傘(ふりゅうがさ)を中心に人々が舞い踊っている。

 企画展は来年2月18日まで。1月2日と同30日に展示替えがあり、期間を通して屏風は3点ずつ並べる。家塚智子学芸員は「屏風は画面が大きく、たくさんの人が一緒に鑑賞できる。気楽に訪れて楽しんでほしい」と話している。

 月曜(祝日の場合は翌日)と12月28日~1月1日は休館。観覧料は大人500円。

【 2017年12月12日 17時00分 】

ニュース写真

  • 松や鶴が描かれた「雪中松鶴図屏風」。企画展では新春にふさわしい屏風が並んでいる(宇治市宇治・市源氏物語ミュージアム)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      避難所の食事、雰囲気づくり… 京都、災害備え学習会

      20180618000020

       大災害への心構えや備えを学ぶ「防災まちづくりの先進事例学習会」が17日、京都市中京区の..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      W杯出場イングランド監督が会見
      「若い選手のプレーが楽しみ

      20180618000012

       【ボルゴグラード共同】サッカーのワールドカップ(W杯)に出場するイングランドのサウスゲ..... [ 記事へ ]

      経済

      日本全国の米ずらり 京都BALにAKOMEYA、7月開店

      20180617000128

       コメを中心に食品や雑貨を販売する「AKOMEYA(アコメヤ) TOKYO」が7月7日、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「宇宙、懐かしい感じした」 山崎直子さん、京都で講演

      20180617000021

       日本人女性2人目の宇宙飛行士、山崎直子さん(47)を招いた講演会が16日、京都市左京区..... [ 記事へ ]

      国際

      米で銃乱射、20人負傷
      芸術祭会場、容疑者死亡

      20180617000140

       【ニューヨーク共同】米東部ニュージャージー州トレントンの芸術祭会場で17日午前2時45..... [ 記事へ ]