出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

一足早く「おめでとうさんどす」 京都の花街で事始め

井上八千代さん(左)から祝いの舞扇を受け取る芸舞妓たち(13日午前10時44分、京都市東山区・井上さん宅の稽古場)
井上八千代さん(左)から祝いの舞扇を受け取る芸舞妓たち(13日午前10時44分、京都市東山区・井上さん宅の稽古場)

 花街や旧家で迎春準備を始める節目の「事始め」が13日、京都市内であった。芸舞妓が芸事の師匠やお茶屋を回って、「おめでとうさんどす」とあいさつを交わした。

 東山区の京舞井上流家元、井上八千代さん宅の稽古場では、弟子たちが届けた鏡餅が並び、早くも新年の雰囲気となっていた。

 芸舞妓たちが午前10時ごろから続々と訪れ、順番にあいさつしていた。井上さんは一人ずつに「頑張ってください」などと声を掛け、にこやかに近況を尋ねたり、芸事の心構えを語りかけたりしていた。

 あいさつを終えた舞妓のまめ衣さん(18)は「下の子も増えてきたので、お姉さんとして一層、稽古に気張ります」と話していた。

【 2017年12月13日 11時50分 】

ニュース写真

  • 井上八千代さん(左)から祝いの舞扇を受け取る芸舞妓たち(13日午前10時44分、京都市東山区・井上さん宅の稽古場)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      カネミ油症で子世代の救済訴え
      三者協議で患者団体

      20180623000115

       西日本一帯で1968年に起きた食品公害「カネミ油症」で、国と患者団体、原因企業カネミ倉..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本代表の足元サポート 京都サンガのホペイロ松浦さん

      20180623000118

       サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で活躍する日本代表の本田圭佑選手(32)や吉田..... [ 記事へ ]

      経済

      昭和に途絶えたマドレー染復活 京都女子大生ら職人技再現

      20180623000113

       京都発祥で昭和期に途絶えたとされる染色技法「マドレー染」の模様を生かした浴衣が初めて商..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      学会、新出生前診断指針見直しへ
      年度内に意見とりまとめ

      20180623000107

       日本産科婦人科学会は23日、妊婦の血液で胎児の染色体異常を調べる新出生前診断の指針の見..... [ 記事へ ]

      国際

      日韓で「風雲の政治家」悼む
      金鍾泌元首相死去に

      20180623000108

       【ソウル共同】日韓関係や韓国現代史で大きな存在感を示し23日に92歳で死去した金鍾泌元..... [ 記事へ ]