出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

阿弥陀如来坐像、黄金の輝き戻る 滋賀・守山の福林寺

約1年2カ月をかけて修復された「阿弥陀如来坐像」(守山市木浜町・福林寺)
約1年2カ月をかけて修復された「阿弥陀如来坐像」(守山市木浜町・福林寺)

 滋賀県守山市木浜町の福林寺に伝わり、戦国時代の焼き打ちを逃れたという「阿弥陀(あみだ)如来坐像」の修復がこのほど終わり、約1年2カ月ぶりに寺に戻った。金色に輝く平安後期の姿がよみがえり、一般公開している。

 仏像は高さ約1メートルの木像。平安時代を代表する仏師・定朝の彫刻様式で、浅く柔らかく彫られた特徴を持つ。市によると、同寺は最澄が開いたとされ、本堂には平安期の「木造十一面観音立像」(重要文化財)が残る。

 寺の伝承では、1571(元亀2)年の織田信長による比叡山延暦寺の焼き打ちの際に福林寺も被害を受けたが、坐像は損壊を免れたとされる。江戸時代の補修以降、大がかりな修理はなく、金箔(きんぱく)がはがれるなど損傷が激しかった。

 昨年10月に高木慈惠住職(69)が「2018年の先代(父膽裕(たんゆう)さん)の50回忌までに本来の仏像に戻したい」と米原市の仏師中川大幹さん(66)に修理を依頼。強度を補うため樹脂を注入し、表面に金箔を張り直した。

 高木住職は「修復後は目を疑うほどきれいになった。温和な顔を見て、安らかな気持ちになってほしい」と話す。問い合わせは同寺077(585)1205。

【 2017年12月19日 14時20分 】

ニュース写真

  • 約1年2カ月をかけて修復された「阿弥陀如来坐像」(守山市木浜町・福林寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      五味太郎さん、ベトナムで講演
      子どもと絵本の関係語る

      20180421000134

       【ハノイ共同】「きんぎょがにげた」などの作品で知られる絵本作家の五味太郎さん(72)が..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、長谷部は後半に退場
      ドイツ1部リーグ

      20180422000002

       【フランクフルト(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは21日、各地で行われ、アイ..... [ 記事へ ]

      経済

      米財務長官、対日FTAに意欲
      訪中も検討

      20180422000005

       【ワシントン共同】ムニューシン米財務長官は21日、ワシントンで記者会見し、巨額の対日貿..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底の岩塊「短期間で化石化」
      頑丈なトンネルに応用も

      20180420000170

       海底に沈んだ生物の死骸を覆って化石化させる球状の岩の塊が、従来考えられていたよりもはる..... [ 記事へ ]

      国際

      国連で「琉球独立」主張
      先住民会議、米基地問題も

      20180421000071

       【ニューヨーク共同】米ニューヨークの国連本部で開催中の先住民問題の会議に、沖縄独立を掲..... [ 記事へ ]