出版案内
福祉事業団

琵琶湖の湖底遺跡で土器撮影 立命大グループ、水深70m

琵琶湖水深約70メートルの湖底で撮影された土器(長浜市湖北町)=立命館大提供
琵琶湖水深約70メートルの湖底で撮影された土器(長浜市湖北町)=立命館大提供

 滋賀県長浜市湖北町の琵琶湖にある葛籠尾崎(つづらおざき)湖底遺跡で、水中ロボットを使って水深約70メートルの湖底に沈む7世紀ごろの完全な形の土器を撮影することに、立命館大のグループが成功した。琵琶湖の深部で土器の撮影地点を正確に特定できた貴重な成果という。

 半島状に琵琶湖に突き出た葛籠尾崎の南南東約400メートルが撮影地点で、水深は71・5メートル。土器は直径約20センチ、高さ約30~40センチで土師器(はじき)の甕(かめ)と推定されるという。同遺跡の調査をしていた立命大の矢野健一教授や熊谷道夫教授らのグループが今月14日に撮影した。

 グループによると、同遺跡ではこれまでに縄文時代以降の土器が多く見つかっているが、漁師による引き揚げが多く発見場所を正確に特定できていないケースが多かった。今回は、音波探知機(ソナー)と衛星利用測位システム(GPS)を組み合わせて緯度経度や水深の測定ができた。

 撮影地点付近では、飛鳥時代以降の新しい時代の土器が特に多く見つかっており、矢野教授は「さらに沖にある竹生島の信仰との関係で、民衆が土器を意図的に沈めた可能性もある」と話している。

【 2017年12月26日 22時32分 】

ニュース写真

  • 琵琶湖水深約70メートルの湖底で撮影された土器(長浜市湖北町)=立命館大提供
  • 土器の発見地点
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      バリアフリー促進に向け法改正へ
      交通事業者に計画義務化

      20180123000004

       2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、鉄道など公共交通のバリアフリー化を推進する..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ハンブルガーSVに新監督
      酒井高、伊藤が所属

      20180122000218

       サッカーのドイツ1部リーグで酒井高徳と伊藤達哉が所属するハンブルガーSVは22日、現役..... [ 記事へ ]

      経済

      日本、18年は1・2%成長
      IMF、予想を上方修正

      20180122000222

       【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)は22日、世界経済見通しを改定し、日本の実質経..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「学問のため」帝国と同化 <京大が持ち去った人骨>

      20180122000110

       京都大は、戦前から収集してきた人骨標本について、存否を含め一切の回答を拒んでいる。樺太..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チェック形骸化、有期雇用成果焦りか 京大iPS研論文不正

      20180122000216

       京都大iPS細胞研究所(京都市左京区)で22日、論文の不正が発覚した。所長を務める山中..... [ 記事へ ]

      国際

      パリ万博、仏政府は断念
      遺憾と誘致委員長

      20180122000213

       【パリ共同】2025年国際博覧会(万博)のパリ誘致を目指し、大阪市などと争ってきたフラ..... [ 記事へ ]