出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

手作りおせち、地域の高齢者に届ける 京都のNPO法人

色とりどりのおせち料理を盛りつける職員たち(京都府京丹波町角・まごころサービスあい愛)
色とりどりのおせち料理を盛りつける職員たち(京都府京丹波町角・まごころサービスあい愛)

 お正月を前に、京都府京丹波町角のNPO法人「まごころサービスあい愛」が29日、地域の高齢者宅に配達するおせち料理を調理した。職員たちが色とりどりの料理を1品ずつ丁寧に盛りつけていた。

 おせちの配達は、1人暮らしや夫婦だけの高齢者世帯にお正月を楽しく迎えてもらおうと、2000年から始めた。今年は同法人が運営するデイサービスやサロンの利用者などを対象に150食を用意した。

 料理の仕込みは25日から始まり、黒豆煮や棒だら、栗きんとんなど23品を作った。ダイコンやサツマイモ、キンカンなどは地元産を使い、煮しめは大鍋を何度も火にかけて味をしみこませた。

 調理した森下なつきさん(37)は「きれいな色合いになるように見た目にもこだわった。新年のおめでたい気分を感じてもらえたらうれしい」と話していた。

【 2017年12月30日 16時30分 】

ニュース写真

  • 色とりどりのおせち料理を盛りつける職員たち(京都府京丹波町角・まごころサービスあい愛)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      カネミ油症で子世代の救済訴え
      三者協議で患者団体

      20180623000115

       西日本一帯で1968年に起きた食品公害「カネミ油症」で、国と患者団体、原因企業カネミ倉..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本代表の足元サポート 京都サンガのホペイロ松浦さん

      20180623000118

       サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で活躍する日本代表の本田圭佑選手(32)や吉田..... [ 記事へ ]

      経済

      昭和に途絶えたマドレー染復活 京都女子大生ら職人技再現

      20180623000113

       京都発祥で昭和期に途絶えたとされる染色技法「マドレー染」の模様を生かした浴衣が初めて商..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      学会、新出生前診断指針見直しへ
      年度内に意見とりまとめ

      20180623000107

       日本産科婦人科学会は23日、妊婦の血液で胎児の染色体異常を調べる新出生前診断の指針の見..... [ 記事へ ]

      国際

      日韓で「風雲の政治家」悼む
      金鍾泌元首相死去に

      20180623000108

       【ソウル共同】日韓関係や韓国現代史で大きな存在感を示し23日に92歳で死去した金鍾泌元..... [ 記事へ ]