出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

若冲作品、節目の新春飾る 京都・細見美術館で記念展

独創的な若冲の世界を楽しむ来館者ら(3日午前11時13分、京都市左京区・細見美術館)
独創的な若冲の世界を楽しむ来館者ら(3日午前11時13分、京都市左京区・細見美術館)

 細見美術館開館20周年記念展「はじまりは、伊藤若冲」(京都新聞など主催)が3日、京都市左京区の同館で開幕した。細見コレクションの柱、若冲の名作を中心に江戸絵画の優品が、新春を飾っている。

 同館は1998年に開館。琳派、若冲など江戸絵画や仏教美術を核にしたコレクションを生かし、企画展を行ってきた。記念展は館蔵の若冲作品19点をはじめ、俵屋宗達や池大雅ら合わせて計約40点を展示する。

 若冲作品は、さっそうとした筆の走りで鶏を描いた屏風(びょうぶ)、ネズミの婚礼や伏見人形など愛らしい題材をユーモアたっぷりに表した絵画など水墨画を主に、雪景に鶏の赤いトサカが鮮やかな初期作「雪中雄鶏図」、11匹の虫が画中に息づく「糸瓜(へちま)群虫図」が並び、来館者は細部に目を凝らして堪能した。中京区の小学6年、梅田諒君は「水墨は一つの色なのに他の色も見えてくるようで、すごい」と話した。2月25日まで。月曜休館(祝日の場合は翌日休館)。有料。

【 2018年01月03日 19時30分 】

ニュース写真

  • 独創的な若冲の世界を楽しむ来館者ら(3日午前11時13分、京都市左京区・細見美術館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      退位、陛下の決断に国民が理解
      スウェーデン国王が会見

      20180424000186

       来日中のスウェーデンのカール16世グスタフ国王夫妻が24日夜、東京都内で記者会見し、来..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      衣笠氏「少年時代のヒーロー」
      DeNA戦の横浜、悼む声

      20180424000202

       プロ野球DeNAの本拠地・横浜スタジアムでは24日夜、衣笠祥雄氏が所属していた広島との..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株、一時130ドル超高

      20180424000207

       【ニューヨーク共同】24日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日か..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底生物を捕る自動ロボ開発
      東大と九工大、環境調査に活用

      20180424000066

       海底を自動で動き回って生き物を捕まえるロボットを開発したと、東京大と九州工業大のチーム..... [ 記事へ ]

      国際

      中国、近隣国と関係強化
      上海機構が外相会議

      20180424000163

       【北京共同】中国とロシア、インド、中央アジア諸国などで構成する「上海協力機構(SCO)..... [ 記事へ ]