出版案内
福祉事業団

装束も足技も優雅に 京都・下鴨神社で蹴鞠初め

平安装束に身を包み華麗な足技を披露する鞠足たち(4日午後2時2分、京都市左京区・下鴨神社)
平安装束に身を包み華麗な足技を披露する鞠足たち(4日午後2時2分、京都市左京区・下鴨神社)

 新春恒例の蹴鞠初(けまりはじ)めが4日、京都市左京区の下鴨神社で行われた。平安装束を身に着けた「鞠足(まりあし)」と呼ばれる人たちが優雅に鞠を蹴り上げ、四方を囲んだ見物客が歓声を上げた。蹴鞠は飛鳥時代に日本に伝わり、貴族の間で流行した。現在は1903(明治36)年に発足した「蹴鞠(しゅうきく)保存会」が伝承。同神社の蹴鞠初めは昭和30年代から同保存会が奉納している。

 鞠をおはらいした後、境内に設けられた正方形の鞠庭で行われた。烏帽子(えぼし)に水干、はかま姿の鞠足が「アリ」「ヤア」「オウ」と掛け声を発し、鹿と馬の皮で作られた直径約20センチ、重さ約150グラムの鞠を右足で蹴り上げた。周囲には人垣ができ、鞠を続けて蹴り上げると歓声が湧き、落とすとため息が漏れた。大学の部活でサッカーをしていた長野県須坂市の小学校教員宮下佳恵さん(40)は「昨年はよく見えず、今年はしっかり見たいと思って来ました。サッカーとは異なる、みやびな雰囲気でした」と話した。

【 2018年01月04日 19時30分 】

ニュース写真

  • 平安装束に身を包み華麗な足技を披露する鞠足たち(4日午後2時2分、京都市左京区・下鴨神社)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      阪神大震災、17日で23年
      教訓引き継ぐ機運を被災地から

      20180116000127

       6434人の命が奪われた1995年の阪神大震災は17日で発生から23年となる。神戸市内..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      元大関の平幕照ノ富士が休場
      糖尿病で入院の可能性

      20180116000074

       大相撲の元大関で東前頭10枚目の照ノ富士(26)=本名ガントルガ・ガンエルデネ、モンゴ..... [ 記事へ ]

      経済

      堀場会長「EV普及でも商機十分」 堀場製

      20180116000086

       2018年の経済が動き始めた。京都、滋賀を代表する企業トップは、景気や市場の先行きをど..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ナマズのミイラ初展示 京都外大、エジプトで収集

      20180116000108

       イスラム文化圏や中南米の資料を収蔵する京都市右京区西院笠目町の京都外国語大国際文化資料..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      イプシロン18日打ち上げ
      民間の地球観測衛星搭載

      20180116000090

       宇宙航空研究開発機構(JAXA)は16日、小型の固体燃料ロケット「イプシロン」3号機を..... [ 記事へ ]

      国際

      キング牧師の子が大統領発言批判
      「米国の真の精神体現せず」

      20180116000118

       【ワシントン共同】米黒人公民権運動指導者、故マーチン・ルーサー・キング牧師の誕生日に合..... [ 記事へ ]