出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

縄文晩期の竪穴住居出土 京都・城陽の遺跡で市内初

縄文晩期の竪穴住居跡を示す市教委職員+(城陽市富野・小樋尻遺跡)
縄文晩期の竪穴住居跡を示す市教委職員+(城陽市富野・小樋尻遺跡)

 京都府城陽市教委は10日、同市富野の小樋尻遺跡で、市内で初めて縄文晩期(2300~3千年前)の集落跡を確認した、と発表した。他時代の集落跡や耕作地跡も見つかり、「各時代の平野部の土地利用を知る貴重な資料」としている。

 同遺跡は1996年に確認され、今回は市消防本部の移転先約3500平方メートルを調査した。縄文晩期の竪穴住居跡は2棟で、直径6・5メートルと同5メートルの円形。縄文土器片や遺体を埋葬したとみられるかめなどが出土した。近くの丘陵地にある森山遺跡では縄文後期(4千年前)の住居跡が確認されているが、市内平野部では今回が最古という。

 古墳前後期、飛鳥、奈良など各時代の集落跡も見つかり、いずれも周囲の湿地より高い土地を活用していた。以降の集落跡遺構は発見されず、盛り上げた土地の形状から、遅くとも中世からは耕作地として用いられたとみている。

 市教委は「一帯には小規模な集落が点在していたのではないか。現代につながる平野部の人々の営みが垣間見える」としている。

 13日午後1時から現地説明会を開く。小雨決行。場所は市消防本部の南約160メートル。問い合わせは市教委文化財係0774(56)4049。

【 2018年01月11日 09時30分 】

ニュース写真

  • 縄文晩期の竪穴住居跡を示す市教委職員+(城陽市富野・小樋尻遺跡)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      力士と相撲で中1男子けが 京都・舞鶴市長救命の春巡業

      20180423000082

       4日に京都府舞鶴市であった大相撲舞鶴場所で、力士が土俵上で子どもの相手をする「ちびっ子..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      W杯ボランティアの募集開始
      ラグビー、約1万人

      20180423000083

       ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は23日、約1万人の大会ボ..... [ 記事へ ]

      経済

      宇治茶の初市、最高値は1キロ15万円 京都、最多量出品

      20180423000030

       今年の宇治茶の初市が22日、京都府城陽市寺田のJA全農京都茶市場であった。府内の茶業者..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      幻の実験機器、島津製に続々帰還 学校統廃合や校舎改築で

      20180422000042

       明治時代初期に教育用の理化学器械の製造を始めた島津製作所。明治・大正時代の機器や標本が..... [ 記事へ ]

      国際

      日韓、米韓高官がソウルで協議
      南北は板門店で実務会談

      20180423000084

       【ソウル共同】北朝鮮核問題を巡る6カ国協議で日韓の首席代表を務める金杉憲治・外務省アジ..... [ 記事へ ]