出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

一休さんの袈裟や重文肖像画公開 京都・一休寺

特別公開される重要文化財「絹本著色一休和尚像」と田辺宗一住職=京田辺市薪・酬恩庵
特別公開される重要文化財「絹本著色一休和尚像」と田辺宗一住職=京田辺市薪・酬恩庵

 JR西日本と京都府京田辺市などが、同市薪の酬恩庵(一休寺)で観光キャンペーンを行っている。一休禅師の肖像画である寺所蔵の重要文化財「絹本著色(けんぽんちゃくしょく)一休和尚像」(室町時代)をはじめとした文化財特別公開や、国指定名勝「酬恩庵庭園」公開などが行われる。

 JR西が季節ごとに実施する「ちょこっと関西歴史たび」の一環。今冬は3月末まで一休寺で行う。

 宝物殿で「一休和尚像」など一休禅師ゆかりの品26点を並べる。一休禅師が実際に着用したと伝えられる「五条袈裟(けさ)」(室町時代)は寺内での公開は初。

 期間中の日曜は本堂や方丈などでボランティアがガイドを行う。1月21日、2月25日、3月25日の午後2時から田辺宗一住職の特別法話がある。田辺住職は「禅僧としての一休と、山城地域を全国の人に知ってもらえれば」と話している。

 拝観料500円(小学生以下250円)。特別法話(別途500円)は3日前までに要予約。先着50人で市観光協会0774(68)2801へ。

【 2018年01月14日 11時00分 】

ニュース写真

  • 特別公開される重要文化財「絹本著色一休和尚像」と田辺宗一住職=京田辺市薪・酬恩庵
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      力士と相撲で中1男子けが 京都・舞鶴市長救命の春巡業

      20180423000082

       4日に京都府舞鶴市であった大相撲舞鶴場所で、力士が土俵上で子どもの相手をする「ちびっ子..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      W杯ボランティアの募集開始
      ラグビー、約1万人

      20180423000083

       ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は23日、約1万人の大会ボ..... [ 記事へ ]

      経済

      宇治茶の初市、最高値は1キロ15万円 京都、最多量出品

      20180423000030

       今年の宇治茶の初市が22日、京都府城陽市寺田のJA全農京都茶市場であった。府内の茶業者..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      幻の実験機器、島津製に続々帰還 学校統廃合や校舎改築で

      20180422000042

       明治時代初期に教育用の理化学器械の製造を始めた島津製作所。明治・大正時代の機器や標本が..... [ 記事へ ]

      国際

      日韓、米韓高官がソウルで協議
      南北は板門店で実務会談

      20180423000084

       【ソウル共同】北朝鮮核問題を巡る6カ国協議で日韓の首席代表を務める金杉憲治・外務省アジ..... [ 記事へ ]