出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

琵琶湖に恩返し、釣り人らごみ拾い 滋賀・草津

湖岸でごみを拾い集める参加者ら(草津市志那町・湖岸緑地)
湖岸でごみを拾い集める参加者ら(草津市志那町・湖岸緑地)

 琵琶湖の釣り人や河川環境団体が20日、滋賀県草津市志那町の湖岸緑地で清掃活動を行った。昨年の台風の影響で、湖岸にはペットボトルや空き缶、ビニール袋が大量に漂着しており、60人が約2時間かけて懸命にごみを拾い集めた。

 バス釣り愛好家らでつくる「淡海を守る釣り人の会」の主催で、2015年12月から琵琶湖岸や瀬田川などで清掃活動を続けている。12回目となる今回は、NPO法人「瀬田川リバプレ隊」「草津湖岸コハクチョウを愛する会」「TANAKAMIこども環境クラブ」などの団体も参加した。

 ほぼ毎回参加している自営業辻本純成さん(52)=京都市左京区=は「いつも釣りでお世話になっている琵琶湖への恩返し。清掃を通じていろいろな団体とつながることができるのもうれしい」と話していた。

【 2018年01月21日 12時56分 】

ニュース写真

  • 湖岸でごみを拾い集める参加者ら(草津市志那町・湖岸緑地)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      滋賀「立民県連の新モデルに」  設立に向け枝野氏が講演

      20180520000132

       立憲民主党の枝野幸男代表が20日、滋賀県近江八幡市内で講演した。設立準備が進む党の滋賀..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      辞意より原因の究明を
      スポーツ庁の鈴木長官

      20180521000003

       アメリカンフットボールの日本大選手が悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた問題で..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の技体験、地張り提灯作りに挑戦 東京・六本木で催し

      20180519000112

       京都の地張り提灯の技に触れるワークショップが19日、東京都港区であった。定員の6倍を超..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      規制庁、東電に原発運転可能判断
      柏崎刈羽、住民に説明

      20180519000101

       原子力規制庁の担当者は19日、新潟県柏崎市であった住民説明会に出席し、東京電力柏崎刈羽..... [ 記事へ ]

      国際

      日本人を枢機卿に任命
      前田大司教、6人目

      20180521000004

       【ローマ共同】ローマ法王フランシスコは20日、前田万葉大司教(69)を枢機卿に任命する..... [ 記事へ ]