出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

大江山の鬼伝説、魅力知って ファンらがフリーペーパー

福知山の鬼伝説を紹介するフリーペーパー「通信 鬼の絵詞」を手にする飛矢文さん(福知山市雲原・大江山鬼そば屋)
福知山の鬼伝説を紹介するフリーペーパー「通信 鬼の絵詞」を手にする飛矢文さん(福知山市雲原・大江山鬼そば屋)

 京都府福知山市雲原に伝わる鬼伝説のファンが、鬼の魅力を親しみやすく発信するフリーペーパー「通信 鬼の絵詞(えことば)」を発行した。2月には鬼好きが語り合うイベントも開く。2カ月に一度の発行を目指し、「福知山の一面を知るきっかけになれば」と意気込んでいる。

 発起人は、雲原の老舗そば店「大江山 鬼そば屋」で店主を務める佐々井飛矢文さん(32)。大学院の研究で雲原を訪れた縁で、3年前に埼玉県から移住した。地元に伝わる鬼伝説で地域を活性化しようと、鬼好きの知人に呼び掛け、昨年12月に第1号を発行した。

 通信はA4判の裏表1枚で、酒吞童子が登場する江戸の大衆文学「前太平記」の解説や、酒呑童子の4コマ漫画を掲載。鬼への思いをつづるエッセーもあり、第1号では、酒呑童子で卒論を書いた東京都の会社員女性(24)が、中学時代に読んだ漫画がきっかけという「酒吞童子との出会い」を、熱く記した。

 第1号は約200部で、鬼そば屋や市役所(同市内記)、日本の鬼の交流博物館(雲原佛性寺)などで配布中。イベントは2月11日午後2時、鬼そば屋で開催する。問い合わせは同店0773(36)0016。

【 2018年01月25日 15時20分 】

ニュース写真

  • 福知山の鬼伝説を紹介するフリーペーパー「通信 鬼の絵詞」を手にする飛矢文さん(福知山市雲原・大江山鬼そば屋)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      特急と接触か、5歳弟死亡
      石川・小松、JR北陸線

      20180525000215

       25日午後6時50分ごろ、石川県小松市のJR北陸線粟津駅付近の線路に「人が倒れている」..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バドミントン日本男女とも決勝へ
      団体の国別対抗戦

      20180525000148

       【バンコク共同】バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、男子トマス杯と女子ユ..... [ 記事へ ]

      経済

      カキのノロウイルス、極小の泡で除去 京都の企業が開発

      20180525000198

       電子部品メーカーのトスレック(京都市南区)は25日、極小の泡を使ってカキの内部からノロ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      iPS細胞から免疫機能高める細胞作製 京大グループ発表

      20180524000201

       ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、免疫細胞を活性化させるリンパ球のような働きを持..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      沖縄、推薦取り下げ了承へ
      世界遺産の登録延期勧告で

      20180525000210

       世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)に..... [ 記事へ ]

      国際

      米ハリウッドの大物訴追
      女性暴行容疑で捜査当局

      20180525000202

       【ニューヨーク共同】米捜査当局は25日、女性2人に対する強姦や性的虐待などの容疑で、ハ..... [ 記事へ ]