出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

井伊家の教養、印章から探る 滋賀・彦根城博物館

8・7センチ角に「大老之章」と刻まれた印(彦根城博物館所蔵)
8・7センチ角に「大老之章」と刻まれた印(彦根城博物館所蔵)

 彦根城博物館(滋賀県彦根市金亀町)でテーマ展「彦根藩主井伊家の印章」が開かれている。論語や漢詩など彫られた印文に注目し、持ち主の思想や教養を探る展示となっている。

 同館が所蔵する井伊家の印章は約750顆(か)を数えるが、いずれも東京の本邸が関東大震災で焼け、欠けや変形しており、意匠など美術的な鑑賞は困難となった。88件を展示し、印文から藩主の好みや思想を読み解こうという試み。

 「君子多識前言往行 以蓄徳=君子は優れた古人の言行を学び、それをもとに自らの徳を養う」と彫られた「蘭室主人」の印や、杜甫が李白を思って詠じた「渭北(いほく)春天樹 江東日暮雲 何時一樽酒 重与細論文=渭北は春めき、(李白は)江東の日暮れの雲下にいる。また文学論をしたい」と縦2センチ、横1・6センチに20文字を刻んだ印もある。

 このほか、8・7センチ角で「大老之章」と彫った最大級の一品や、「開国元勲大臣世家」と江戸幕府を開くにあたり、大功があった初代直政の子孫であると宣言するものもある。

 2月6日まで。会期中無休。有料。問い合わせは同館0749(22)6100。

【 2018年01月25日 16時50分 】

ニュース写真

  • 8・7センチ角に「大老之章」と刻まれた印(彦根城博物館所蔵)
  • 縦2センチ、横1・6センチの印面に「渭北春天樹…」と20文字を刻んだ印(彦根城博物館所蔵)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      特急と接触か、5歳弟死亡
      石川・小松、JR北陸線

      20180525000215

       25日午後6時50分ごろ、石川県小松市のJR北陸線粟津駅付近の線路に「人が倒れている」..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バドミントン日本男女とも決勝へ
      団体の国別対抗戦

      20180525000148

       【バンコク共同】バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、男子トマス杯と女子ユ..... [ 記事へ ]

      経済

      カキのノロウイルス、極小の泡で除去 京都の企業が開発

      20180525000198

       電子部品メーカーのトスレック(京都市南区)は25日、極小の泡を使ってカキの内部からノロ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      iPS細胞から免疫機能高める細胞作製 京大グループ発表

      20180524000201

       ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、免疫細胞を活性化させるリンパ球のような働きを持..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      沖縄、推薦取り下げ了承へ
      世界遺産の登録延期勧告で

      20180525000210

       世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)に..... [ 記事へ ]

      国際

      米ハリウッドの大物訴追
      女性暴行容疑で捜査当局

      20180525000202

       【ニューヨーク共同】米捜査当局は25日、女性2人に対する強姦や性的虐待などの容疑で、ハ..... [ 記事へ ]