出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

国際博物館会議「市民で盛り上げ」 京都博連25周年シンポ

作家原田マハさんらを迎えて開かれた京博連創設25周年記念シンポジウム(京都市中京区・京都新聞文化ホール)
作家原田マハさんらを迎えて開かれた京博連創設25周年記念シンポジウム(京都市中京区・京都新聞文化ホール)

 京都市内博物館施設連絡協議会(京博連)の創立25周年を記念するシンポジウムが4日、京都市中京区の京都新聞文化ホールで開かれた。京都新聞朝刊で小説「風神雷神」を連載中の作家原田マハさんらが博物館や美術館の楽しみ方、役割について意見を交わした。

 京博連は、京都市にある博物館などが連携して生涯学習を推進するため、1992年に設立。現在200館以上が加盟している。

 京博連会長の佐々木丞平京都国立博物館長が基調講演し、25年の歩みを振り返りながら、博物館や美術館のあり方を検証すべき時だと話し、2019年に京都で開かれる国際博物館会議(ICOM)を「世界と交流する絶好の機会になる」と指摘した。

 シンポには、原田さんのほか細見美術館(左京区)の細見良行館長と門川大作京都市長がパネリストとして登壇した。原田さんは芸術をテーマにした自作のエピソードを交えながら美術館の楽しみ方を紹介。細見館長は伊藤若冲や琳派が高い人気を集めていることに触れ「ようやく日本人が日本美術を楽しむ時がきた」と話した。門川市長は「まち全体を博物館、美術館にしたい」として、ICOMを市民が盛り上げようと呼びかけた。

【 2018年02月05日 21時35分 】

ニュース写真

  • 作家原田マハさんらを迎えて開かれた京博連創設25周年記念シンポジウム(京都市中京区・京都新聞文化ホール)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      滋賀「立民県連の新モデルに」  設立に向け枝野氏が講演

      20180520000132

       立憲民主党の枝野幸男代表が20日、滋賀県近江八幡市内で講演した。設立準備が進む党の滋賀..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      辞意より原因の究明を
      スポーツ庁の鈴木長官

      20180521000003

       アメリカンフットボールの日本大選手が悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた問題で..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の技体験、地張り提灯作りに挑戦 東京・六本木で催し

      20180519000112

       京都の地張り提灯の技に触れるワークショップが19日、東京都港区であった。定員の6倍を超..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      規制庁、東電に原発運転可能判断
      柏崎刈羽、住民に説明

      20180519000101

       原子力規制庁の担当者は19日、新潟県柏崎市であった住民説明会に出席し、東京電力柏崎刈羽..... [ 記事へ ]

      国際

      日本人を枢機卿に任命
      前田大司教、6人目

      20180521000004

       【ローマ共同】ローマ法王フランシスコは20日、前田万葉大司教(69)を枢機卿に任命する..... [ 記事へ ]