出版案内
福祉事業団

慕われた伏見奉行「内藤豊後守」 京都、新発見の文書も

郷土史家らによって新たに民家から見つかった文書(京都市伏見区)
郷土史家らによって新たに民家から見つかった文書(京都市伏見区)

 江戸時代後期に伏見奉行を務め、町民から慕われた内藤豊後守(正縄)の功績を広めようと、郷土史を調べている「車石・車道研究会」のメンバーが、18日に同区である歴史フェスで展示を開く。昨年12月に新たに見つけた史料など、これまでに調べた成果を発表する。

 天保から安政年間に在職した内藤は開墾や桑の移植などの殖産部門や疫病時に私費を投じて鎮めたなどの功績が知られている。奉行からの転任の報を聞いた町役が、江戸に行って内藤の留任を請願した逸話が残る。請願がかなったことを記念して、御香宮神社境内には「内藤豊後守様 御武運長久」などと刻まれた石灯籠が今も残されている。

 新たに見つかったのは、内藤が町役に宛てたと見られる覚書で、有力な町方の大岡家の子孫の自宅で保管されていた。豊後橋(現在の観月橋)の管理や火災時の消火の分担について近隣の町民に命じる内容で、内藤の黒印が残されている。

 文書を解読した同会の久保孝さん(69)は「伏見で橋の史料が見つかるのが珍しい。鳥羽伏見の戦いで焼けた一帯なので、貴重な文書ではないか」と話している。

 18日に伏見区役所で開かれる伏見の歴史を発信する「歴史Do!フェス」(伏見歴史同好会主催)で発表される。フェスではこのほか鉄道史をテーマにしたシンポジウムや、展示発表などがある。

【 2018年02月09日 12時07分 】

ニュース写真

  • 郷土史家らによって新たに民家から見つかった文書(京都市伏見区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      京都市バス、ラオスで活躍中 34台寄贈、外観そのまま

      20180225000095

       京都市からラオスに2016年に贈られた市バス車両が、昨年11月から首都ビエンチャン特別..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      石田は10位、ビョルゲンV
      スキー距離・25日

      20180225000093

       最終種目のスキー距離女子30キロクラシカルで、石田正子(JR北海道)は1時間26分38..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・木津川にPLANT出店へ 山城地域で事業拡大

      20180225000084

       スーパーとホームセンターを融合させた大型店を展開する「PLANT」(本社・福井県坂井市..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      新設の御所東小で内覧会 京都、児童増で4月開校

      20180224000137

       4月に開校する京都市上京区の御所東小で24日、校舎の内覧会があり、地元住民や保護者らが..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]

      国際

      訪韓反対派が橋封鎖
      「殺人犯を逮捕せよ」

      20180225000088

       【坡州共同】「殺人犯を逮捕せよ」「文在寅大統領を解任せよ」。北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副..... [ 記事へ ]