出版案内
福祉事業団

国宝お守り内部に緻密如来像 平安期の「懸守」CTで判明

懸守の内部に納入されていた彫刻の3Dプリンターによる再現品(9日10時40分、京都市東山区・京都国立博物館)
懸守の内部に納入されていた彫刻の3Dプリンターによる再現品(9日10時40分、京都市東山区・京都国立博物館)

 平安時代のお守りの国宝「懸守(かけまもり)」(大阪市・四天王寺所蔵)に、小指大の緻密な如来像が納められていたと、京都市東山区の京都国立博物館が9日、発表した。エックス線コンピューター断層撮影(CT)調査で判明した。

 懸守は護符などを入れ、首にかけて用いられた。四天王寺の7点は手のひらサイズで、外側に華やかな文様織物が貼られ、精巧な装飾金具が施された当時の最高級品。12世紀に高貴な人物が奉納したとされる。

 昨年の国宝展を機に、同博物館が調査。桜花形の懸守1点の内部に、仏像と容器が一体となった容器「仏龕(ぶつがん)」(高さ5・5センチ、直径2・3センチ)を確認。香木のビャクダンを彫ったとみられる。2分割できる構造で、内部に如来立像や祭壇が彫られ、格子状の文様が周囲に施されていた。調査データを基に3Dプリンターによる再現品も制作した。

 四天王寺によると、平安時代に仏像そのものをお守りに入れて携帯した行為を示す初めての事例という。同博物館の山川曉工芸室長は「大規模な寺院や仏像だけでなく、身近なお守りの見えない部分にも技術の粋を集めていた。平安王朝の華やかな信仰の形を示している」と述べた。

 今回の懸守は4月21日~5月6日、四天王寺宝物館で公開される。有料。

【 2018年02月09日 12時11分 】

ニュース写真

  • 懸守の内部に納入されていた彫刻の3Dプリンターによる再現品(9日10時40分、京都市東山区・京都国立博物館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      京都市バス、ラオスで活躍中 34台寄贈、外観そのまま

      20180225000095

       京都市からラオスに2016年に贈られた市バス車両が、昨年11月から首都ビエンチャン特別..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ヤ3―3日(25日)
      平沼が2ラン

      20180225000087

       日本ハムの3年目の平沼が途中出場し、八回に右中間へ2ランを放った。新人の清宮は選球眼の..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・木津川にPLANT出店へ 山城地域で事業拡大

      20180225000084

       スーパーとホームセンターを融合させた大型店を展開する「PLANT」(本社・福井県坂井市..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      新設の御所東小で内覧会 京都、児童増で4月開校

      20180224000137

       4月に開校する京都市上京区の御所東小で24日、校舎の内覧会があり、地元住民や保護者らが..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]

      国際

      訪韓反対派が橋封鎖
      「殺人犯を逮捕せよ」

      20180225000088

       【坡州共同】「殺人犯を逮捕せよ」「文在寅大統領を解任せよ」。北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副..... [ 記事へ ]