出版案内
福祉事業団

平安京の公設市場に厨房? 京都、皿底に「廚」の文字

東市跡で見つかった「厨」と刻まれた緑釉陶器の皿底の一部
東市跡で見つかった「厨」と刻まれた緑釉陶器の皿底の一部

 平安京の公設市場「東市」に、役人の食事を担う厨房(ちゅうぼう)があった―。龍谷大大宮キャンパス(京都市下京区)で行われた東市跡の発掘調査に伴う昨年の整理作業で、皿底の一部に調理場を意味する「厨(くりや)」の文字が刻まれていることが分かった。東市を管理した役所「市司(いちのつかさ)」の調理場に関する皿とみられ、施設の配置など不明な点が多い市場内を知る上で貴重な発見という。

 東市は、現在の大宮通と堀川通、正面通と七条通に囲まれた範囲に店や役所などが設けられ、周辺の「外町」に関係者が住んでいたと考えられている。

 中世の公家の百科事典「拾芥抄(しゅうがいしょう)」や13世紀の絵図によると、「市司」の位置は大宮キャンパスにあたるが、これまでの発掘調査で明確な遺構や遺物は確認されていなかった。

 今回見つかったのは、京都近郊産とみられる緑釉(りょくゆう)陶器の直径約10センチの皿底で、とがった工具で「厨」と刻まれていた。9世紀後半の1・6メートル四方の方形木組み井戸跡から、瓦や土師(はじ)器と一緒に出土した。調査した龍谷大の國下多美樹教授(考古学)は「瓦屋根は当時、寺院や役所などに限られており、井戸や出土品は市司に関連する可能性が高い。料理を盛った皿を調理場から市司に届け、後で回収できるよう目印を刻んだのだろう」と推測する。

 西山良平京都大名誉教授(日本古代・中世史)は「市司の推定場所で得られた貴重な物証だ。今後の研究や発掘調査を進める上で指標となる発見だ」と注目している。

 発掘調査は終了している。

【 2018年02月10日 21時00分 】

ニュース写真

  • 東市跡で見つかった「厨」と刻まれた緑釉陶器の皿底の一部
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      京都市バス、ラオスで活躍中 34台寄贈、外観そのまま

      20180225000095

       京都市からラオスに2016年に贈られた市バス車両が、昨年11月から首都ビエンチャン特別..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      石田は10位、ビョルゲンV
      スキー距離・25日

      20180225000093

       最終種目のスキー距離女子30キロクラシカルで、石田正子(JR北海道)は1時間26分38..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・木津川にPLANT出店へ 山城地域で事業拡大

      20180225000084

       スーパーとホームセンターを融合させた大型店を展開する「PLANT」(本社・福井県坂井市..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      新設の御所東小で内覧会 京都、児童増で4月開校

      20180224000137

       4月に開校する京都市上京区の御所東小で24日、校舎の内覧会があり、地元住民や保護者らが..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]

      国際

      訪韓反対派が橋封鎖
      「殺人犯を逮捕せよ」

      20180225000088

       【坡州共同】「殺人犯を逮捕せよ」「文在寅大統領を解任せよ」。北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副..... [ 記事へ ]