出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

原作者の唐々煙は大津・唐崎出身 映画「曇天に笑う」

大津を舞台にした原作のコミック本「曇天に笑う」
大津を舞台にした原作のコミック本「曇天に笑う」

 映画「曇天に笑う」原作者の唐々煙(からからけむり)は、大津市の唐崎出身で、唐崎の「唐」をペンネームに入れている。唐崎小の頃から漫画を描き始め、2005年にプロデビューした。

 代表作の「曇天に笑う」は、大津を舞台に「逆境の中でも笑っていられる人の強さ、一生懸命に生きる人たちを描きたいと思った」。主人公の天火と同様、自らも3人きょうだいの一番上で「天火は一番描きやすかった」という。

 曇神社は、映画では日吉東照宮で撮られたが、漫画では「自分の幼い頃からの遊び場だった」という琵琶湖岸の唐崎神社をモチーフにした。「滋賀県人として、琵琶湖はあることが当たり前。今は大阪に住んでいるので、逆に故郷愛が強くなりました」

 映画は時間などの制約上、漫画と物語が変わった部分もあるが、「3兄弟がちゃんと映画の中で生きていたのでうれしかった」。

 今は、「曇天に笑う」から300年前の戦国時代の近江を舞台にした漫画「煉獄(れんごく)に笑う」を描く。「漫画も映画も地元の人に見てもらいたいけど、家族に見られるような感覚で、すごく照れます」とはにかんだ。

【 2018年02月13日 17時40分 】

ニュース写真

  • 大津を舞台にした原作のコミック本「曇天に笑う」
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      上手な歯磨き、歯科衛生士が指導 滋賀、口腔保健フェス

      20180625000023

       歯の磨き方や虫歯についての理解を深める「湖北口腔(こうくう)保健フェスティバル」が24..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、大久保が磐田に移籍へ
      今季復帰の川崎から

      20180625000047

       J1川崎の元日本代表FW大久保嘉人(36)が、磐田に移籍することが25日、関係者の話で..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の国際会議10・8%増 4年連続で最多更新

      20180624000034

       京都市内で2017年に開かれた国際会議は前年比10・8%増の308件だったと、京都文化..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      田んぼの水路、小ブナぴちぴち 滋賀で観察会、30センチ大物も

      20180625000032

       田んぼの水路で魚を捕まえたり観察したりする催しが24日、滋賀県彦根市田附町の水田で開か..... [ 記事へ ]

      国際

      難民対策、全EU加盟国合意断念
      有志国での協力体制へ

      20180625000035

       【ブリュッセル共同】欧州に押し寄せる移民・難民問題を巡り、独仏など欧州連合(EU)の一..... [ 記事へ ]