出版案内
福祉事業団

原作者の唐々煙は大津・唐崎出身 映画「曇天に笑う」

大津を舞台にした原作のコミック本「曇天に笑う」
大津を舞台にした原作のコミック本「曇天に笑う」

 映画「曇天に笑う」原作者の唐々煙(からからけむり)は、大津市の唐崎出身で、唐崎の「唐」をペンネームに入れている。唐崎小の頃から漫画を描き始め、2005年にプロデビューした。

 代表作の「曇天に笑う」は、大津を舞台に「逆境の中でも笑っていられる人の強さ、一生懸命に生きる人たちを描きたいと思った」。主人公の天火と同様、自らも3人きょうだいの一番上で「天火は一番描きやすかった」という。

 曇神社は、映画では日吉東照宮で撮られたが、漫画では「自分の幼い頃からの遊び場だった」という琵琶湖岸の唐崎神社をモチーフにした。「滋賀県人として、琵琶湖はあることが当たり前。今は大阪に住んでいるので、逆に故郷愛が強くなりました」

 映画は時間などの制約上、漫画と物語が変わった部分もあるが、「3兄弟がちゃんと映画の中で生きていたのでうれしかった」。

 今は、「曇天に笑う」から300年前の戦国時代の近江を舞台にした漫画「煉獄(れんごく)に笑う」を描く。「漫画も映画も地元の人に見てもらいたいけど、家族に見られるような感覚で、すごく照れます」とはにかんだ。

【 2018年02月13日 17時40分 】

ニュース写真

  • 大津を舞台にした原作のコミック本「曇天に笑う」
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      女性不明、頭部遺棄認める供述
      米国籍男、現場に消臭剤の形跡

      20180225000092

       兵庫県三田市の女性会社員(27)が行方不明になり、大阪市西成区の民泊施設で女性とみられ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      国旗別々で合同の入場行進
      閉会式では南北関係者に温度差

      20180226000001

       【平昌共同】きらびやかなライトに照らされ、韓国と北朝鮮の選手らが入り交じるように入場す..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・二条城の散策、手ぶらでOK 手荷物預かり所開設

      20180225000113

       外国人観光客らが手ぶらで二条城(京都市中京区)を散策できるように、城内の東大手門近くに..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      春目指し京都・滋賀で1万5千人 国公立大2次試験始まる

      20180225000121

       国公立大の2次試験前期日程が25日、全国の大学で始まった。165大学570学部に25万..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]

      国際

      金英哲氏、保守派抗議避け移動
      五輪閉会式で笑顔も

      20180226000003

       【坡州、平昌共同】25日の平昌冬季五輪閉会式に出席した北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長..... [ 記事へ ]