出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都・宇治川岸に「一に○」刻印石 伏見城で使用か

伏見城跡にほど近い宇治川の川べりで見つかった「一に○」の大名刻印石とその拓本(京都市伏見区)
伏見城跡にほど近い宇治川の川べりで見つかった「一に○」の大名刻印石とその拓本(京都市伏見区)

 伏見城の石垣に使われたと考えられる「一に○」の刻印が入った石が京都市伏見区の宇治川べりで見つかった。築城時に石を陸揚げした場所なのか、破城して淀城へ運ばれた際に残された石なのか。伏見城の石垣の造成と転用の過程をひもとく発見になりそうだ。

 石を見つけた市民団体「山科石切場調査・研究グループ」によると、発見場所は伏見城(木幡山伏見城)跡南側の宇治川と山科川の合流点に近い川べり。石は長さ約80センチ、幅約50センチ、高さ約50センチ。「○」の直径と「一」の長さは約13センチあった。また、石を割る際にのみで入れる「矢穴」があった。その形状から江戸時代初期の切り出しとみられ、関ケ原合戦後に再築城された徳川期の伏見城の石と考えられる。石質は、大規模な石切場があった山科山中で切り出される「山科石」ではなく、府南部産の石だった。

 発見した場所は、約50年前に護岸工事が行われたため、昔と現代の石が混在している。矢穴の入った石は、周辺で刻印石の他に一つしか見つからなかった。

 刻印は石切を担当する大名を示していて「一に○」は毛利家や前田家を表すとされる。京都市内では、同グループが山科山中の採石場をはじめ、知恩院の新門近くなどに複数の刻印石を発見済みで、伏見城からの転用の過程が謎となっている。

 同グループの武内良一さん(77)は「刻印石が伏見城近くで発見された意義は大きい。舟入に近く、石を陸揚げする浜だった可能性がある。今後も川の周辺を調査していきたい」と話している。

【 2018年02月25日 19時30分 】

ニュース写真

  • 伏見城跡にほど近い宇治川の川べりで見つかった「一に○」の大名刻印石とその拓本(京都市伏見区)
  • 周辺地図
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      全国のコメの酒、搾り作業
      被災地応援と地域連携目的

      20180623000069

       全国47都道府県のコメで造る日本酒の搾り作業が23日、福島県会津坂下町の曙酒造で行われ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      Dバックス平野、21試合無失点
      パイレーツ戦の八回封じる

      20180623000058

       【ピッツバーグ共同】米大リーグは22日、各地で行われ、ダイヤモンドバックスの平野はピッ..... [ 記事へ ]

      経済

      国産レモンと沖縄海水塩仕上げ、宝酒造がレモンサワー新商品

      20180623000057

       宝酒造(京都市下京区)は、寳「極上レモンサワー」〈つけ込み塩レモン〉を7月10日に発売..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、綾部市岡町の綾部高で講演した。いじめや..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      茶葉収穫、冷害で8・6%減 滋賀、41年ぶり広範囲被害

      20180623000061

       今冬の冷え込みの影響で滋賀県甲賀市内の茶園で茶葉が枯れた寒干害について、滋賀県は22日..... [ 記事へ ]

      国際

      携帯位置情報、無断捜査は違法
      米最高裁「令状必要」

      20180623000018

       【ワシントン共同】米連邦最高裁は22日、事件捜査で容疑者らの携帯電話の位置情報を無断で..... [ 記事へ ]