出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

さよなら君尾山キャンプ場 京都・利用減で3月末廃止

夏の大ジャンボリーに参加する子どもたちでにぎわった君尾山キャンプ場(2014年8月、綾部市睦寄町)
夏の大ジャンボリーに参加する子どもたちでにぎわった君尾山キャンプ場(2014年8月、綾部市睦寄町)

 京都府綾部市は、市君尾山キャンプ場(同市睦寄町)を3月末で廃止する方針を決めた。標高582メートルの同山中腹にあって雄大な自然に囲まれ、市民に42年間親しまれたが、利用者が減ったためという。惜しむ声も出ている。

 君尾山キャンプ場は1976年に市が設けた。3500平方メートルの敷地に、9区画のテントスペース、流し場を備えた炊事施設(木造平屋)、テーブルといす12セット、キャンプファイアができる広場などがある。飯ごう炊さん用のコンクリートブロックもそろう。

 すぐ近くまで車で行けるため家族連れに人気で、79年からは君尾山夏の大ジャンボリー(市青少年育成連絡協議会主催)会場となり、毎回市内の小学生約100人が1泊2日でテント張りや食事の準備をして団体生活を学ぶなど、2014年度は260人が利用した。

 しかし、食材の持参が必要な上、大雨を契機に15年からジャンボリーが別会場に移ったため利用が減り、16年度は98人、本年度は113人にとどまっている。クマが出没する不安も加わって廃止を決めた。市はキャンプ場設置・管理条例廃止議案を市議会3月定例会に提案しており、18年度に設備を撤去する計画。

 協議会の川端勇夫会長(74)は「不便な山中で子どもが協力し合うことは意義がある。廃止は仕方ないが、親子2代続く参加者も多いだけに寂しい」と話す。

【 2018年03月10日 11時04分 】

ニュース写真

  • 夏の大ジャンボリーに参加する子どもたちでにぎわった君尾山キャンプ場(2014年8月、綾部市睦寄町)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      分刻みスケジュール、支持訴え熱帯びる 滋賀県知事選

      20180617000137

       24日の投開票まで1週間となった滋賀県知事選は17日、最後の日曜日を迎え、新人の近藤学..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー日本代表、19日初戦
      W杯1次L、コロンビアと

      20180618000005

       【カザン(ロシア)共同】サッカーのワールドカップ(W杯)1次リーグH組の日本代表は、1..... [ 記事へ ]

      経済

      日本全国の米ずらり 京都BALにAKOMEYA、7月開店

      20180617000128

       コメを中心に食品や雑貨を販売する「AKOMEYA(アコメヤ) TOKYO」が7月7日、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「宇宙、懐かしい感じした」 山崎直子さん、京都で講演

      20180617000021

       日本人女性2人目の宇宙飛行士、山崎直子さん(47)を招いた講演会が16日、京都市左京区..... [ 記事へ ]

      国際

      米で銃乱射、20人負傷
      芸術祭会場、容疑者死亡

      20180617000140

       【ニューヨーク共同】米東部ニュージャージー州トレントンの芸術祭会場で17日午前2時45..... [ 記事へ ]