出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

関雪の名作、100年ぶり帰還 京都・白沙村荘記念館で展示

100年ぶりに里帰りした「木蘭」などが並ぶ「名作の帰還」展の会場(京都市左京区・白沙村荘橋本関雪記念館)
100年ぶりに里帰りした「木蘭」などが並ぶ「名作の帰還」展の会場(京都市左京区・白沙村荘橋本関雪記念館)

 京の日本画家橋本関雪(1883~1945年)が100年前に手がけた大作屏風(びょうぶ)「木蘭(もくらん)」など3作が、画室のある白沙村荘橋本関雪記念館(京都市左京区)に新たに収蔵された。1世紀ぶりに制作された場所に戻り、17日に同館で始まった「名作の帰還」展で公開されている。

 中国の民話が画題の「木蘭」は1918(大正7)年、第12回文展で特選を受賞した代表作の一つ。老いた父に代わり、男装して出征した娘木蘭が自軍を勝利に導き、帰郷を許される。その帰途、馬を休ませるひとときを描く。木陰でかぶとを脱いだ木蘭がふと見せる少女の優しい表情、服の鮮やかな群青色が印象的な逸品だ。関雪のひ孫の橋本眞次副館長は「人物画の中でも人気が高い。話の中の木蘭のように長い旅を終えて帰ってきたよう」と喜ぶ。

 また、唐の詩人白居易が、船上で琵琶を奏でる女性と出会う場面を描いた屏風「琵琶行」(1910年制作)は、水面の白い光の反射、風の動きが、画面にはない月の存在を知らせる。もう1点は関雪が得意としたサルの作品「秋桜老猿」(38年)で、墨と金で体毛を巧みに表現している。

 これまで3点とも千葉県のDIC川村記念美術館に長く収蔵されていた。同展は5月13日まで。有料。

【 2018年03月18日 09時55分 】

ニュース写真

  • 100年ぶりに里帰りした「木蘭」などが並ぶ「名作の帰還」展の会場(京都市左京区・白沙村荘橋本関雪記念館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      発電、建築物貸し出し…自治体自ら「稼ぐ」 京都・長岡京市

      20180421000057

       京都府長岡京市は、2018年度から行財政改革の一環で、収入増に向け、眠っていた資源を有..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      イチローは出場せず
      レンジャーズ戦

      20180421000056

       ▽レンジャーズ―マリナーズ(20日・アーリントン) マリナーズのイチローは出場せず、チー..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株続落、201ドル安
      アップルが下げ主導

      20180421000005

       【ニューヨーク共同】20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3日続落し、前..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底の岩塊「短期間で化石化」
      頑丈なトンネルに応用も

      20180420000170

       海底に沈んだ生物の死骸を覆って化石化させる球状の岩の塊が、従来考えられていたよりもはる..... [ 記事へ ]

      国際

      航空機エンジンの緊急点検指示
      欧米当局、死亡事故受け

      20180421000059

       【ニューヨーク共同】米国でサウスウエスト航空機のエンジンが飛行中に大破し、乗客1人が死..... [ 記事へ ]