出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ヨコエビ人工飼育に成功 バイカル湖固有種、琵琶博で

人工飼育に成功したアカントガンマルス・ヴィクトリィの幼体(県立琵琶湖博物館提供)
人工飼育に成功したアカントガンマルス・ヴィクトリィの幼体(県立琵琶湖博物館提供)

 滋賀県立琵琶湖博物館(草津市下物町)が、ロシアのバイカル湖固有種のヨコエビの人工飼育に成功した。同博物館は「研究そのものが学術的に貴重。生態は未知の部分が多く、一端の解明につなげたい」とする。幼体は約2センチに育ち、20日から展示を始めた。

 世界最古のバイカル湖沿岸部に生息する「アカントガンマルス・ヴィクトリィ」。体長6~7センチに成長する大型のヨコエビで、体は薄いオレンジ色。側面や背中に大きなとげがあり、長い足で湖底を歩いたり泳いだりする。寿命は2、3年とみられる。

 同博物館はリニューアルした2016年7月からこのヨコエビを日本で唯一、展示している。昨年5月にバックヤードの水槽でふ化した白い幼体(約4ミリ)を確認し、冷凍したアユの稚魚などの餌を与えて育て、約20匹を展示した。バイカル博物館でも飼育に成功した事例はないという。

 金尾滋史主任学芸員は「親と子が見られるのは非常に珍しい。分からないことだらけなので、飼育を通して未知の世界を明らかにできれば」と話す。幼体は5月6日まで展示する予定。

【 2018年03月21日 15時21分 】

ニュース写真

  • 人工飼育に成功したアカントガンマルス・ヴィクトリィの幼体(県立琵琶湖博物館提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      橋桁事故2年、安全誓う碑設置
      神戸市北区、遺族が要望

      20180422000052

       神戸市北区の新名神高速道路で巨大な橋桁が建設中に落下し、作業員2人が死亡、8人が重傷を..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      マナイアが無安打無得点試合
      アスレチックスの26歳左腕

      20180422000058

       米大リーグ、アスレチックスのショーン・マナイア投手(26)が21日、本拠地オークランド..... [ 記事へ ]

      経済

      米財務長官、対日FTAに意欲
      訪中も検討

      20180422000005

       【ワシントン共同】ムニューシン米財務長官は21日、ワシントンで記者会見し、巨額の対日貿..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      幻の実験道具、島津製に続々帰還 学校統廃合や校舎改築で

      20180422000042

       明治時代初期に教育用の理化学器械の製造を始めた島津製作所。明治・大正時代の機器や標本が..... [ 記事へ ]

      国際

      国連で「琉球独立」主張
      先住民会議、米基地問題も

      20180421000071

       【ニューヨーク共同】米ニューヨークの国連本部で開催中の先住民問題の会議に、沖縄独立を掲..... [ 記事へ ]