出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

映画専門の国立美術館誕生へ 重文フィルムなど8万本所蔵

映画に特化した美術館への昇格を4月に控える東京国立近代美術館の映画部門「フィルムセンター」(東京都中央区)
映画に特化した美術館への昇格を4月に控える東京国立近代美術館の映画部門「フィルムセンター」(東京都中央区)

 東京国立近代美術館の映画部門「フィルムセンター」(東京都中央区)が4月に同館から独立し、映画に特化した美術館「国立映画アーカイブ」に昇格する。ゆかりのある京都の関係者は「公的に映画が歴史的遺産として認められた」と評価し、貴重なフィルムの保存や映写技術の継承に弾みがつくと期待する。

 同センターは1970年に開館し、歴史的価値の高いフィルムの収集や修復、学術研究を行っている。所蔵フィルムは1899年撮影の「紅葉狩」など重要文化財3件を含め約8万本に上る。4月から京都国立近代美術館(京都市左京区)などと並ぶ6施設目の国立美術館になる。

 独立の目的はフィルム保存に向けた組織基盤の強化だ。文化庁からの運営交付金に加え、映画文化への特化をアピールして寄付の受け入れ拡大を目指す。職員60人のうち有期雇用の映写技術者ら約50人の正規雇用化を進め、デジタル撮影の普及に伴って希少となった映写技術の維持も図る。

 ユネスコ(国連教育科学文化機関)は1980年の勧告で映画をはじめとする映像保存を各国に求めた。しかし、フランスが職員300人の国立機関で進め、韓国は製作者に国へのフィルム納入を義務付けているのに比べ、日本は体制整備が遅れていた。

 「近年は名作を繰り返し見る人が増え、日本作品への海外の関心も高まったことが後押しとなった」と、京都文化博物館の森脇清隆・映像情報室長はみる。京都はかつて「日本のハリウッド」と呼ばれるほど撮影が盛んな地で、フィルム収集も府がフィルムセンター開館と同じ70年代に始めただけに、「映画が学術的に認められたことになる」と歓迎する。

 同センターの独立は故河合隼雄氏が文化庁長官在任時に方向性を決めたものだった。同庁文化部長として河合氏の意を受け、2003年に映画振興の12提言をまとめた映画評論家の寺脇研・京都造形芸術大教授は「一部の映画マニアだけを対象とせず、商業的には上映の難しい無名な若手の作品を取り上げるなど、新たな作品を生み出す支援にも活動を広げてほしい」と訴えている。

【 2018年03月22日 06時00分 】

ニュース写真

  • 映画に特化した美術館への昇格を4月に控える東京国立近代美術館の映画部門「フィルムセンター」(東京都中央区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      大分、体の一部か新たに発見
      山崩れ現場

      20180423000004

       大分県中津市耶馬渓町金吉の山崩れ現場で22日夜、体の一部とみられるものが見つかった。県..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      エンゼルス大谷がメジャー初4番
      ジャイアンツ戦

      20180423000006

       【アナハイム共同】米大リーグで投打の「二刀流」に挑むエンゼルスの大谷翔平選手(23)が..... [ 記事へ ]

      経済

      東芝、半導体売却中止含め対応策
      中国独禁法審査の難航で検討

      20180422000137

       東芝が半導体子会社「東芝メモリ」の売却で、中国独禁法審査の難航が続き5月末までに承認さ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      幻の実験機器、島津製に続々帰還 学校統廃合や校舎改築で

      20180422000042

       明治時代初期に教育用の理化学器械の製造を始めた島津製作所。明治・大正時代の機器や標本が..... [ 記事へ ]

      国際

      アフガン首都で自爆、57人死亡
      「イスラム国」が犯行声明

      20180422000095

       【カブール共同】アフガニスタンの首都カブールの有権者登録事務所近くで22日、自爆テロが..... [ 記事へ ]