出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

観音堂の仏20年ぶり一堂に 平等院で特別展「不動明王」

普段は平等院の観音堂に安置されている不動三尊像や厨子扉絵などが並ぶ特別展(宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館)
普段は平等院の観音堂に安置されている不動三尊像や厨子扉絵などが並ぶ特別展(宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館)

 平等院(京都府宇治市宇治)の観音堂や不動信仰にまつわる特別展「不動明王-激動の時代を見守った仏」が13日、境内のミュージアム鳳翔館で始まった。修理を終えた不動三尊像をはじめ計20点を展示している。

 鎌倉前期に建てられた観音堂(重要文化財)は、老朽化で2014年に一般公開をやめ、翌年に宇治市指定文化財の不動三尊像を修繕した。その過程で、脇侍(きょうじ)である二童子像の足ほぞから墨書が見つかり、正保3(1646)年に当代屈指の京仏師・吉野右京が制作したと判明した。

 右京は相国寺(京都市上京区)や龍安寺(右京区)などにも作品を残した仏師。

 このほか、持国天と多聞天が極彩色で立体的に描かれた観音堂厨子(ずし)扉絵や最勝院不動堂所在の不動三尊像、最勝院と浄土院伝来の大判古図なども並ぶ。

 鳳翔館には1999年に修理された観音堂本尊の十一面観音立像(重文)が常設展示されており、神居文彰住職は「観音堂の仏たちが20年ぶりに一堂に会することになり意義深い」と話している。6月29日まで。拝観料が必要。5月16日から一部、展示内容を替える。

【 2018年04月14日 13時17分 】

ニュース写真

  • 普段は平等院の観音堂に安置されている不動三尊像や厨子扉絵などが並ぶ特別展(宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      猛暑続く、熱中症注意
      岐阜・揖斐川で38・2度

      20180718000068

       日本列島は18日も高気圧に覆われ、東北南部から東日本、西日本にかけての広い範囲で午前中..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      主将に山県、旗手は上野
      ジャカルタ・アジア大会

      20180718000087

       日本オリンピック委員会(JOC)は18日、1カ月後の8月18日に開幕するジャカルタ・ア..... [ 記事へ ]

      経済

      トヨタ「つながる車」で道路点検
      通信機能装備、8月から実証

      20180718000070

       トヨタ自動車は18日、通信機能を備えた「コネクテッドカー(つながる車)」を、道路状況の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ライチョウひな3羽目死ぬ、栃木
      那須の動物園、残り1羽に

      20180718000071

       栃木県那須町の動物園「那須どうぶつ王国」は18日、人工繁殖に取り組む国の特別天然記念物..... [ 記事へ ]

      国際

      殺害されたロ女性記者の記念庭園
      プーチン政権批判続け12年

      20180718000023

       【モスクワ共同】ロシアのプーチン政権の批判を続け、2006年に殺害された女性記者アンナ..... [ 記事へ ]