出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

最後の水口岡山城主、長束正家しのぶ 滋賀、子孫も参列

祠の前で護摩をたいて経を唱える行者講メンバーら+(甲賀市水口町・古城山山頂)+
祠の前で護摩をたいて経を唱える行者講メンバーら+(甲賀市水口町・古城山山頂)+

 羽柴(豊臣)秀吉による甲賀地域支配の拠点だった水口岡山城(滋賀県甲賀市水口町)最後の城主、長束正家を祭る祠(ほこら)「阿迦之宮」の例祭が17日、城があった古城山山頂で営まれた。正家の14代目の子孫に当たる茶道家花輪嘉泰さん(48)=京都市東山区=も参列し、山伏姿の行者たちが護摩をたいて法要を営むのを見守った。

 水口岡山城は1585年に秀吉の命令で築いた山城。95年に3代目城主となった正家は関ケ原の戦い(1600年)で敗れて切腹、城は廃城となった。18世紀初め、古城山山頂に「阿迦之宮」が造られた。

 市観光協会によると、切腹後に逃亡中の妻が出産して死亡するなど正家には悲運の武将のイメージがあり、1966年に祠が再建された際に正家の霊を祭ったという。

 例祭では、地元の行者講のメンバー約20人が護摩壇に火をともし、炎の前で一心に経を唱えるなか、花輪さんら参列者が祠に参拝した。花輪さんは「先祖を神として奉ってもらえ光栄。地域の方が毎年続けてくれるのはありがたい」と話した。

【 2018年04月18日 09時00分 】

ニュース写真

  • 祠の前で護摩をたいて経を唱える行者講メンバーら+(甲賀市水口町・古城山山頂)+
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      マカオのドッグレース、歴史に幕
      客足減少、犬の行方懸念も

      20180721000106

       【広州共同】庶民のギャンブルとして親しまれてきたマカオのドッグレースが21日までに、長..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      東京五輪「みんなで楽しんで」
      メダリストが機運盛り上げ

      20180721000111

       2020年東京五輪の開幕まで間もなく2年となる21日、競技が行われる千葉県と埼玉県でメ..... [ 記事へ ]

      経済

      豪雨時、車自動ブレーキ過信禁物
      JAFが検証、作動しないこ

      20180721000068

       日本自動車連盟(JAF)が車の自動ブレーキに関し、豪雨時に正常に作動しないこともあると..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      酷暑続く京都、小学校のアイドル「高齢ヤギ」点滴で命つなぐ

      20180721000049

       京都府長岡京市友岡1丁目の長岡第四小で飼育するヤギの「シロ」が、炎天下で懸命に命をつな..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      手術用「スマート治療室」完成
      医療機器連携でミス削減

      20180721000078

       手術室で使う多種多様な医療機器を連携させた「スマート治療室」を日本医療研究開発機構(A..... [ 記事へ ]

      国際

      卓球、南北合同チームが優勝
      韓国オープン、大歓声後押し

      20180721000097

       【大田共同】韓国中部の大田で開催されている卓球のワールドツアー、韓国オープンで21日、..... [ 記事へ ]