出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

神霊歓迎の舞、中高生披露へ 京都・御蔭祭

女性神職に教わりながら「浦安の舞」の練習に励む松本さん(手前)と樋川さん=10日、京都市左京区・下鴨神社
女性神職に教わりながら「浦安の舞」の練習に励む松本さん(手前)と樋川さん=10日、京都市左京区・下鴨神社

 葵祭(15日)に先だって12日に京都市左京区で行われる御蔭(みかげ)祭で、下鴨神社への行列が立ち寄る洛北高の女子生徒らが、一行を歓迎する神楽舞を初めて披露する。生徒は伝統ある祭りに新風を吹き込もうと、巫女(みこ)装束に身を包み毎日神社で練習に励んでいる。

 御蔭祭は、比叡山のふもとで新たに生まれた神霊を同神社に迎える祭り。神霊を運ぶ行列は、宝が池公園から同神社までの下鴨本通を練り歩く。

 毎年、洛北高と同付属中の生徒10人前後が御蔭祭に参列しており、昨年からは沿道の同高が行列の休憩場所となるなど、同高と御蔭祭は関係が深い。千年以上続く祭りや京都の文化をさらに詳しく知ってもらおうと、神社側が生徒による舞の披露を提案した。

 立候補した生徒の中からの抽選で、同高1年の樋川遥香さん(15)と付属中3年の松本諒子さん(14)が神楽を舞うことになった。当日は学校の中庭を舞台とし、鈴を手に緋袴(ばかま)姿で「浦安の舞」を約5分間舞う予定。2人は大型連休明けから同神社で女性神職に「堂々と」「2人で息を合わせて」などとアドバイスを受けながら練習を重ねている。

 樋川さんは「緊張するががんばりたい」、松本さんは「ほかの学校では体験できないことなので一生懸命やりたい」と抱負を語る。神楽披露は参列者対象で一般公開しない。

【 2018年05月12日 08時00分 】

ニュース写真

  • 女性神職に教わりながら「浦安の舞」の練習に励む松本さん(手前)と樋川さん=10日、京都市左京区・下鴨神社
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      工事「裏合意」、市長は関与否定 滋賀・彦根

      20180523000195

       滋賀県彦根市役所の本庁舎耐震化整備事業に絡んで市と業者の間で一部工事を別途発注とする「..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ロ0―2日(23日)
      上沢が2試合連続完封

      20180523000212

       日本ハムは一回、中田の適時二塁打で1点を先制し、四回にレアードのソロで加点した。九回表..... [ 記事へ ]

      経済

      JR西が新業態「ポテル」 京都、レジャー客需要見込む

      20180523000189

       JR西日本は23日、京都市下京区の梅小路公園そばの社宅跡地に開発する新業態のホテルブラ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      胎児をネットで遠隔診断
      心臓病発見、へき地医療に

      20180523000135

       インターネットを活用して遠方の病院から送られた胎児の心臓の動画を診断し、先天性の心臓病..... [ 記事へ ]

      国際

      釜山総領事館前設置を再度主張
      徴用工像巡り韓国の市民団体

      20180523000208

       【釜山共同】韓国の労働組合などでつくる市民団体が南部釜山の日本総領事館前に、かつて日本..... [ 記事へ ]