出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

大津別院の書院を限定公開 江戸時代の重文、金碧障壁画など

大津別院の書院上段の間。金碧障壁画で彩られている(大津市中央2丁目)
大津別院の書院上段の間。金碧障壁画で彩られている(大津市中央2丁目)

 大津市中央2丁目の大津別院が、講演会の後に限って国重要文化財の書院内部を公開している。一般公開したいが、寺の人手が足りず普段から公開することができないため。別院の担当者は「物流拠点として繁栄した江戸時代に作られた建物。書院は徳川将軍を迎えるために作られたともいわれている。この機会に訪れてほしい」と話している。

 大津別院は真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市下京区)の大津の拠点施設。後に東本願寺を建てる教如(1558~1614)が慶長4(1599)年に大津別院設立を諮り、同5年に完成した後には教如が訪れて落慶法要を営んだという。

 現在の本堂は木造の入り母屋造り、幅約22メートル、奥行き約24メートル、高さ約14メートル。慶安2(1649)年に再建された。書院は本堂の西側に接続する形で、寛文10(1670)年に再建された。幅約16メートル、奥行き約13メートル、高さ約6・5メートル。違い棚のある上段の間は8畳の広さで、周囲は金碧障壁画で彩られ、格天井には円形の草花図が描かれている。

 書院の公開は、別院が開催する「親鸞講座」の終了後。講座は5月26日、6月23日、8月24日、9月28日、12月7日の午後2時から。各回500円。問い合わせは同別院077(522)6960。

【 2018年05月14日 16時00分 】

ニュース写真

  • 大津別院の書院上段の間。金碧障壁画で彩られている(大津市中央2丁目)
  • 大津別院の本堂
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      特急と接触か、5歳弟死亡
      石川・小松、JR北陸線

      20180525000215

       25日午後6時50分ごろ、石川県小松市のJR北陸線粟津駅付近の線路に「人が倒れている」..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バドミントン日本男女とも決勝へ
      団体の国別対抗戦

      20180525000148

       【バンコク共同】バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、男子トマス杯と女子ユ..... [ 記事へ ]

      経済

      カキのノロウイルス、極小の泡で除去 京都の企業が開発

      20180525000198

       電子部品メーカーのトスレック(京都市南区)は25日、極小の泡を使ってカキの内部からノロ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      iPS細胞から免疫機能高める細胞作製 京大グループ発表

      20180524000201

       ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、免疫細胞を活性化させるリンパ球のような働きを持..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      沖縄、推薦取り下げ了承へ
      世界遺産の登録延期勧告で

      20180525000210

       世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)に..... [ 記事へ ]

      国際

      米ハリウッドの大物訴追
      女性暴行容疑で捜査当局

      20180525000202

       【ニューヨーク共同】米捜査当局は25日、女性2人に対する強姦や性的虐待などの容疑で、ハ..... [ 記事へ ]