出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都・鴨川の息吹、アート作品に 「自然考えるきっかけに」

鴨川に展示された作品と荻野さん(京都市・団栗橋付近)
鴨川に展示された作品と荻野さん(京都市・団栗橋付近)

 京都市下京、東山区の四条大橋と団栗橋間の鴨川でアート展示が行われている。賀茂川漁業協同組合が張った防鳥ロープに、北区のアーティスト荻野NAO之さん(43)が複数の写真を組み合わせたモンタージュ作品を結びつけた。「自然のバランスが整うように」と祈りを込め、道行く人が川に目を向けるきっかけをつくっている。

 荻野さんは昨年、防鳥ロープを見かけ、同漁協の澤健次組合長(43)に展示について相談した。澤さんからロープはカワウの食害対策で、近年被害が増えていることや、人が手を加えた川の形状が川魚の成育に適さないことを教わった。一方で、天然アユの遡上(そじょう)や魚道の設置で川を上るのを助けていることも知り、作品の構想を練った。京都国際写真祭「KYOTOGRAPHIE(キョウトグラフィー)」の関連イベントとして4月から展示することを決めた。

 川に張り巡らされた防鳥ロープの岸側に一辺5・2メートル×3・2メートルの写真を結んだ。1枚の写真の中に、荻野さんが鴨川で撮影したアユや鳥、太陽や月が反射する水面などを抽象的に組み合わせ、神話的な世界を作り出した。鴨川の奥底にある自然界の息吹を感じ、タイトルを「鴨川胎動」とした。

 左右それぞれの岸に5枚ずつが連なり、上空から見ると、2匹の竜が浮かび上がる。

 荻野さんは「都市景観の一部になりがちな鴨川の自然について考えてもらえれば」と話している。26日まで。無料。

【 2018年05月17日 10時45分 】

ニュース写真

  • 鴨川に展示された作品と荻野さん(京都市・団栗橋付近)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      工事「裏合意」、市長は関与否定 滋賀・彦根

      20180523000195

       滋賀県彦根市役所の本庁舎耐震化整備事業に絡んで市と業者の間で一部工事を別途発注とする「..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ロ0―2日(23日)
      上沢が2試合連続完封

      20180523000212

       日本ハムは一回、中田の適時二塁打で1点を先制し、四回にレアードのソロで加点した。九回表..... [ 記事へ ]

      経済

      JR西が新業態「ポテル」 京都、レジャー客需要見込む

      20180523000189

       JR西日本は23日、京都市下京区の梅小路公園そばの社宅跡地に開発する新業態のホテルブラ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      胎児をネットで遠隔診断
      心臓病発見、へき地医療に

      20180523000135

       インターネットを活用して遠方の病院から送られた胎児の心臓の動画を診断し、先天性の心臓病..... [ 記事へ ]

      国際

      釜山総領事館前設置を再度主張
      徴用工像巡り韓国の市民団体

      20180523000208

       【釜山共同】韓国の労働組合などでつくる市民団体が南部釜山の日本総領事館前に、かつて日本..... [ 記事へ ]