出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

太子山の胴掛、243年ぶり新調 祇園祭、ベトナム刺繍で

今年完成した太子山の右側を飾るベトナム刺繍の胴掛+(京都市下京区・下京雅小)
今年完成した太子山の右側を飾るベトナム刺繍の胴掛+(京都市下京区・下京雅小)

 祇園祭の太子山保存会(京都市下京区油小路通仏光寺下ル)がベトナムで制作を進めていた懸装品が完成し、9日に胴掛2枚がそろって報道陣に公開された。243年ぶりの新調で、ベトナム刺繍(ししゅう)による黄金のクジャクや色とりどりの花の図案が美しく、前祭(さきまつり)の山鉾巡行(7月17日)で一対そろって初めて使用される。

 昨年には山の左側を飾る1枚目の胴掛が完成。今年できた2枚目は同サイズの縦1・7メートル、横2・4メートルで山の右側を飾る。金色のクジャクを中心に多くの花と動物が彩るデザインで制作に1年2カ月かかった。綴(つづ)れ織りの紺地はブラジルの高級絹糸を用い、地の部分は金糸の「スガ刺繍」という技法で飾っている。

 従来の胴掛は18世紀前半に制作されたインド刺繍の懸装品だったが、復元に多大な資金がかかるため、新調することになった。描かれていた「生命の樹」と「クジャク」をモチーフに図案は着物意匠デザイナーの原田茂さん(68)が担当。保存会評議員の斎藤健雄さん(81)の紹介で、刺繍の技術の高いベトナムで胴掛2枚の制作を進めていた。

 川口良正理事長(68)は「町内の方々が積み重ねてきた資金協力で完成できた。日本とベトナムの刺繍の技術が融合した美しさをぜひ間近で見てほしい」と話す。10日午後1時半~3時に下京雅小会議室で一般公開。無料。

【 2018年06月09日 19時30分 】

ニュース写真

  • 今年完成した太子山の右側を飾るベトナム刺繍の胴掛+(京都市下京区・下京雅小)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      両陛下、学士院賞授賞式に
      退位控え、最後の機会

      20180625000081

       天皇、皇后両陛下は25日、東京・上野の日本学士院会館を訪れ、日本学士院賞の第108回授..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      新大関栃ノ心、気持ち新た
      番付「字が大きくなった」

      20180625000063

       新大関の栃ノ心が25日、愛知県春日井市の春日野部屋の宿舎で記者会見し、番付表を見て「字..... [ 記事へ ]

      経済

      三村氏が相談役退任、新日鉄住金
      制度は継続

      20180625000075

       新日鉄住金は25日、三村明夫相談役が同日付で退任したと発表した。任期5年の社内規定に基..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      田んぼの水路、小ブナぴちぴち 滋賀で観察会、30センチ大物も

      20180625000032

       田んぼの水路で魚を捕まえたり観察したりする催しが24日、滋賀県彦根市田附町の水田で開か..... [ 記事へ ]

      国際

      インドネシア発便、成田で油漏れ
      滑走路が一時閉鎖

      20180625000071

       25日午前8時45分ごろ、インドネシア・エアアジアXのデンパサール発成田行き403便エ..... [ 記事へ ]