出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

信長の香木切り取り、天皇が無念記す 京博で手紙など展示

織田信長による蘭奢待切り取り事件のことを書き記した「正親町天皇宸翰御消息」(京都国立博物館提供)
織田信長による蘭奢待切り取り事件のことを書き記した「正親町天皇宸翰御消息」(京都国立博物館提供)

 京都国立博物館(京都市東山区)が新たに収集した美術品や文化財を紹介する「新収品展」が12日、同博物館平成知新館で始まった。8年ぶりの開催で、織田信長が正倉院宝物の香木「蘭奢待(らんじゃたい)」を切り取った事件にまつわる天皇の手紙や、中国・前漢の正史「漢書」の写本など、国宝や重要文化財を含めた約80件を展示している。

 重文「正親町天皇宸翰(しんかん)消息 蘭奢待云々(うんぬん)」は蘭奢待を信長に下賜した際、天皇が九条稙通(たねみち)に宛てた。1574(天正2)年、信長は蘭奢待から2片を切りとり、1片を手元にとどめ、もう1片を正親町天皇に献上したが、天下第一の名香とされ、切り取った人物は歴史上限られる。天皇は「ふりょ(不慮)に勅封(ちょくふう)をひらかれ」と手紙に記し、信長の強引な要請に応じて天皇家ゆかりの正倉院を開けざるを得なかった無念さがにじむという。

 国宝「漢書楊雄伝(ようゆうでん)第五十七」は、紀元前202年に建国された前漢の正史の一部を中国唐代に写した。

 ほかにも、江戸時代に琳派を確立した尾形光琳・乾山の兄弟合作の「銹絵(さびえ)寒山拾得図角皿」(重文)、淀藩・稲葉家伝来の染織品など多彩な逸品が並ぶ。

 新収品展は2010年以来で、建物建て替えなどのため催していなかった。17年3月までの約7年間に購入・寄贈で収蔵した1435件の一部を紹介する。

 7月16日まで。月曜休館で、月曜が祝日の場合は火曜休館。有料。

【 2018年06月12日 23時00分 】

ニュース写真

  • 織田信長による蘭奢待切り取り事件のことを書き記した「正親町天皇宸翰御消息」(京都国立博物館提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      屋根損壊、余震と雨を警戒 大阪北部地震、京都の被災者ら

      20180620000246

       大阪府北部地震で、八幡市では、民家など95棟で屋根の損壊や瓦が落下するなど、建物被害が..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ウルグアイとロシアが16強
      ロナルド早くも4点目

      20180620000265

       サッカー・ワールドカップ(W杯)第7日(20日・モスクワほか)1次リーグA組のウルグア..... [ 記事へ ]

      経済

      瓶の「ザ・モルツ」一時出荷停止 京都の工場、地震被害

      20180620000238

       サントリーホールディングス(大阪市)は20日、大阪北部地震で被災したビール工場の京都ブ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      陸上・桐生を医でサポート 京大・奥平医師、けが防止に尽力

      20180620000247

       陸上の男子100メートルで日本人初の9秒台をマークした桐生祥秀選手(日本生命、洛南高-..... [ 記事へ ]

      国際

      米への移民女児に同情、寄付殺到
      支援団体へ9億円超

      20180620000100

       【ニューヨーク共同】米南部テキサス州国境で当局に拘束された移民の母親を見上げて泣く女児..... [ 記事へ ]