出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都観光「常連」、バス混雑に不満 京都市長「要因分析したい」

京都観光の残念度(上位4つ)
京都観光の残念度(上位4つ)

 京都市が4日発表した2017年観光総合調査では、観光消費額や宿泊客数が順調に伸びた一方、観光施設やバスが混雑していることに対する不満の声が目立った。市は近年、観光客の分散化に力を入れているが、課題解決へのハードルは高い。

■優先座席に観光客、お年寄りは立ったまま

 5月、友人と京都観光に訪れた主婦(58)=愛知県豊田市=は、下京区のJR京都駅でタクシーに乗り込んだ。年2回は京都観光を楽しむ「常連」だが、2年前からバスを使わなくなった。

 最大の理由はバスの混雑だ。満員のためバスを乗り過ごすこともしばしばあった。キャリーバッグを抱えた外国人観光客が優先座席に座り、地元住民とみられるお年寄りが手すりにしがみついて立っている光景を見て、ショックを受けたこともある。

 最近は混雑を避けて市内周辺部の寺院を訪れることが多くなった。「初めて京都を訪れる人はやっぱり有名な寺院を訪れると思う。バスの本数やルートを増やすなどして、周辺部の魅力的な観光地に行きやすくしてほしい」と望む。

■観光客集中、市民生活に影響

 市は混雑の原因について、観光客が特定の「場所」「季節」「時間」に集中するためと分析している。隠れた名所の発掘や朝・夜観光の推奨など観光客の分散化に力を入れているが、道半ばだ。

 市は「市民生活と観光との調和を一番に考えている」とするが、観光客の集中は、すでに交通渋滞やごみ問題などとして表面化し、市民生活に大きな影響を与えている。

 門川大作市長は4日の記者会見で「エリアの集中は悪化している。要因を分析したい」とした上で、混雑解消や市民生活との調和を図るため、市バスの「前乗り後降り」方式の導入や違法民泊の取り締まりなどに引き続き取り組む姿勢を強調した。

【 2018年07月05日 11時00分 】

ニュース写真

  • 京都観光の残念度(上位4つ)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      被災生徒に教科書再配布、倉敷
      中3から順次、市教委

      20180719000066

       岡山県倉敷市教育委員会は19日、西日本豪雨で甚大な被害を受けた同市真備町地区の中学3年..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大リーグ、20日から後半戦
      田中は23日に先発予定

      20180719000038

       【ニューヨーク共同】米大リーグはオールスター戦が終了し、19日(日本時間20日)にカブ..... [ 記事へ ]

      経済

      孫正義氏、相乗り規制を批判
      「こんなばかな国はあるか」

      20180719000062

       ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は19日、東京都内で講演し「(自家用車を用いた相..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ライチョウひな3羽目死ぬ、栃木
      那須の動物園、残り1羽に

      20180718000071

       栃木県那須町の動物園「那須どうぶつ王国」は18日、人工繁殖に取り組む国の特別天然記念物..... [ 記事へ ]

      国際

      国に慰謝料命じる、セ号事故
      韓国地裁

      20180719000065

       【ソウル共同】韓国南西部沖で2014年に発生した旅客船セウォル号沈没事故を巡り、遺族ら..... [ 記事へ ]