出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

胴掛の人物名、百年間違ってた 祇園祭・保昌山、説明変更へ

長年にわたり名称と説明が誤っていたことが分かった保昌山の「張騫鳳凰図」の胴掛(2017年7月17日、京都市中京区・河原町通御池)
長年にわたり名称と説明が誤っていたことが分かった保昌山の「張騫鳳凰図」の胴掛(2017年7月17日、京都市中京区・河原町通御池)

 祇園祭前祭(さきまつり)の保昌(ほうしょう)山(京都市下京区東洞院通松原上ル)が所有する胴掛2点の名称や説明が長年誤っていたことが12日までに分かった。画題となっている2人の伝説的な人物を取り違えていた。胴掛は江戸時代の絵師円山応挙が下絵を手がけた名品で、今夏の会所飾りでは約1世紀ぶりに説明を変更する。

 保昌山の胴掛は中国由来の人物「張騫(ちょうけん)」「巨霊人(きょれいじん)」と神秘的な動物「虎」「鳳凰(ほうおう)」を主題としている。裏地には、1773年を示す「安永二年六月」の年号と、応挙を意味する「円山主水」の墨書があることで知られる。

 これまで保昌山保存会では2点の胴掛の名称をそれぞれ「虎に張騫」と「鳳凰に巨霊人」としていた。だが、2010年、胴掛を指定文化財とする際の市の調査で、1875(明治8)年の京都府庁文書や、91(同24)年の国の文書には「鳳凰に張騫」「虎に巨霊人」などとする記述があることが判明。100年前後にわたって人物を取り違え、言い伝えが誤っていたことが分かった。

 しかし、このときは正しい理解が住民には広まらず、誤解は解けなかった。今年、東京の出版社が発行した祇園祭に関する本を住民が見た際、胴掛の説明が従来の内容と異なることに気づいた。この住民が市文化財保護課に問い合わせ、取り違えていたことが認識された。

 このため保昌山は、同課に正しい案内文の作成を依頼。13日午後の会所飾りから名称を「張騫鳳凰図」「巨霊人虎図」と説明を変更する。保存会の岩田脩理事(68)は「先人たちから聞いていたのと全く逆で当初は素直に受け止められなかった。今後正しい理解が浸透するのをゆっくりと待ちたい」と話す。

【 2018年07月12日 17時30分 】

ニュース写真

  • 長年にわたり名称と説明が誤っていたことが分かった保昌山の「張騫鳳凰図」の胴掛(2017年7月17日、京都市中京区・河原町通御池)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      電動低速車の普及に本腰 国交省、公共交通の衰退備え

      20180723000100

       電動のゴルフカートや小型低速バスを公道で走らせ、地域住民や観光客の足として生かす取り組..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      MFエジルがドイツ代表引退
      トルコ系、人種差別を理由に

      20180723000084

       【ベルリン共同】サッカーのドイツ代表MFメスト・エジル(アーセナル)が22日、代表引退..... [ 記事へ ]

      経済

      東京円、一時110円台後半
      投資家のリスク回避強まる

      20180723000043

       週明け23日午前の東京外国為替市場の円相場は円高が進み、一時、約2週間ぶりに1ドル=1..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都市の小学校英語教育が本格化 全国に先行、教員支援が課題

      20180723000097

       2020年度に実施される新学習指導要領で小学5~6年生の英語が教科化されるのを前に、京..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      手術用「スマート治療室」完成
      医療機器連携でミス削減

      20180721000078

       手術室で使う多種多様な医療機器を連携させた「スマート治療室」を日本医療研究開発機構(A..... [ 記事へ ]

      国際

      カナダで発砲、1人犠牲
      負傷13人、容疑者も死亡

      20180723000090

       【ニューヨーク共同】カナダのトロントで22日夜に発砲事件があり、警察当局によると、1人..... [ 記事へ ]