出版案内
福祉事業団

鈴木大地長官「金2桁狙う」 リオ五輪まで半年

「2桁の金メダルを取って感動を共有したい」と話す鈴木大地スポーツ庁長官(東京都)
「2桁の金メダルを取って感動を共有したい」と話す鈴木大地スポーツ庁長官(東京都)

 開幕が半年後に迫ったリオ五輪。スポーツ庁長官として現場を統括する鈴木大地氏(48)に、五輪への抱負や2020年に国内開催される東京五輪への意気込みなどを聞いた。

■国民と感動共有

 -就任後、国内外を問わず積極的に現場を視察している。

 「スポーツ行政を進める上で必要な情報を収集することが大事。われわれが現場を気にかけているというメッセージを発信することも必要だ。選手が意気に感じ、結果に結びつくこともある。これまで注目されていなかった競技にもメッセージを送り、活動環境を整備したい」

 -昨年12月にリオを現地視察した。

 「強行日程で3日間ほど。大使館から治安について説明を受け、会場施設を視察し、組織委から現状報告を聞いた。治安が良くないので、日本選手団が安心して競技に専念できる環境整備をすることが大事。その上で各競技団体がベストのパフォーマンスを発揮できるようにすることがわれわれの仕事になる」

 「すべての面でリオをよく観察して勉強し、謙虚に学びたい。次回の開催地として、合宿誘致を考えている都道府県もあり、PRもしないといけない」

 -2桁の金メダルを目標に掲げる。

 「昨年の世界選手権の各競技で、日本は18個の金メダルを取った。非五輪競技もあり、五輪は世界選手権よりレベルも高いが、2桁の金を取って国民と感動を共有したい」

 -東京五輪に向けたスポーツ庁の役割は。

 「五輪だけが仕事ではないが、東京五輪・パラリンピックは競技運営の成功に加え、競技力を向上させて国民の皆さんに感動してほしい。皆さんに体を動かしてもらい、スポーツを通じて健康になっていただくことが大事。この4年間で、スポーツに無関心な層への働きかけを行いたい」

 -障害者スポーツへの期待や課題は。

 「パラリンピックは少しずつ認知されているが、まだ魅力を伝えきれていない。国立リハビリテーションセンターで練習を見学したが、競技力の高い選手が数多くいる。競技場が満員になる環境の中で、選手が気持ちよくプレーできるように取り組む。パラリンピックが広く認知されるよう支援したい」

【 2016年02月13日 17時00分 】

ニュース写真

  • 「2桁の金メダルを取って感動を共有したい」と話す鈴木大地スポーツ庁長官(東京都)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      たたら製鉄の火入れ式、島根
      日本刀の原料「玉鋼」作り

      20170118000073

       日本刀の原料となる玉鋼を生産する古来の製鉄技術「たたら吹き」を国内で唯一継承している製..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値1万8776円
      一時1カ月半ぶり安値

      20170118000064

       18日午前の東京株式市場は、円高ドル安の進行や前日の欧米株安を嫌気する売り注文が先行し..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都府茶業会館の修理工事完了 宇治、建築当時の木製扉に

      20170118000046

       国選定の重要文化的景観「宇治の文化的景観」で重要な構成要素となっている京都府茶業会館(..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      通学域や統合、総意得た順に対応 大津市教委が学区説明会

      20170117000120

       将来の児童生徒数の減少が想定される中、大津市教育委員会は17日から、「小規模校」とされ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      もんじゅ廃炉で規則改正へ
      規制委、監視専門チームも

      20170118000074

       原子力規制委員会は18日、定例会合を開き、日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじ..... [ 記事へ ]

      国際

      就任式ボイコット拡大
      民主党議員60人欠席へ

      20170118000015

       【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は17日、首都ワシントンで20日に行われ..... [ 記事へ ]