出版案内
福祉事業団

胃摘出の女性、京都マラソン挑む 「闘病中の人に勇気を」

胃の全摘出後、富山マラソンに臨む尾崎さん(2015年11月・富山県高岡市)
胃の全摘出後、富山マラソンに臨む尾崎さん(2015年11月・富山県高岡市)

 昨年がん治療で胃を全摘出した京都市伏見区の女性が、頑張る姿を多くの人に見てもらおうと、21日に初めての京都マラソンに臨む。大病を乗り越えての挑戦に「悩み苦しむ人、闘病している人を元気づけたい」と誓う。

 介護福祉士や心理カウンセラーとして働く尾崎礼佳さん(55)。2003年に胃がんの手術を受けた際、「目標を持って生きたい」と走り始めた。運動経験はなく、胃の3分の2を摘出したため水分補給も満足にできない状態からのスタート。少しずつ走る距離を伸ばし12年、ついにハーフマラソンを完走し、その後各地でフルマラソンに出場した。

 15年8月に胃がんが再発、全摘出した。それでも「生きている実感がある。生きる限り走り続けたい」と諦めきれず、術後すぐにトレーニングを再開。3カ月後には富山マラソンを走破、京都マラソンへの弾みをつけた。

 最初にがんが見つかったとき「心身に苦しみを抱える人の役に立ちたい」と、介護やカウンセリングの道を歩むことにした。その思いは強まり「走り続けることで、がんと闘う友人たちや心の病に苦しむ人を勇気づけたい。自分を助けてくれた人たちへの感謝にもなる」と決意を固める。

 富山マラソンを走った友人が、京都では沿道から応援してくれるといい、尾崎さんは「支えてくれる人がいるから生きていける。そのことも感じてもらえたら」と語った。

【 2016年02月19日 18時54分 】

ニュース写真

  • 胃の全摘出後、富山マラソンに臨む尾崎さん(2015年11月・富山県高岡市)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      新橋完成、大型車すれ違いも容易に 滋賀・東近江

      20160930000161

       滋賀県東近江市佐目町の国道421号「佐目子谷(さめごだに)橋」の架け替え工事が完了し、..... [ 記事へ ]

      経済

      孫社長、4600億円対韓投資へ
      朴大統領を表敬

      20160930000169

       【ソウル共同】ソフトバンクグループの孫正義社長は30日、韓国・ソウルで朴槿恵大統領を表..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「今年の漢字」ずらり 京都で展示、世相伝える

      20160930000178

       年末の恒例行事「今年の漢字」の発表で、清水寺(京都市東山区)の森清範貫主が揮毫(きごう..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      GLM 2車種目EVカー 京大発ベンチャー 走行距離など向上

      20160929000167

       京都大発の電気自動車(EV)製造ベンチャー、GLM(京都市左京区)は29日、量産車とし..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      オオヒシクイ初飛来、秋の深まり告げる 滋賀・琵琶湖 

      20160930000160

       国の天然記念物に指定されている渡り鳥のオオヒシクイ2羽が30日、滋賀県長浜市湖北町今西..... [ 記事へ ]

      国際

      ペレス前大統領の死悼む
      国葬にオバマ氏ら多数参列

      20160930000120

       【エルサレム共同】28日に93歳で死去したイスラエルのシモン・ペレス前大統領の国葬が3..... [ 記事へ ]