出版案内
福祉事業団

マラソン直前、何をすれば?

マラソン本番直前のポイント
マラソン本番直前のポイント

 「京都マラソン2016」が21日、京都市右京区の西京極陸上競技場をスタート、左京区の平安神宮前をゴールに行われる。完走に向け、残りわずかな日数で何ができるか。多くのランナーを指導してきた京産大陸上部の伊東輝雄総監督に聞いた。

■直前は休むべし

 直前の練習については「トレーニング期間は終わっているので、ここから速くなるのは無理。3、4日前に少し走ったら休むべき」ときっぱり。むしろ「完走したいなら、『走りたい』という気持ちをとにかく抑えて、当日に気持ちのピークが来るようにする。体力も回復してベストで走れる」と勧める。

 また「何日も前から生活リズムをレース当日の動きに合わせる必要はない。起床時間や食事はよほど不規則でなければ、普段通りの方が体が休まる」とも。

 市民ランナーの走り方としては「5キロで息が切れるペースだと、後半が走れない。かなり余裕があるくらいでちょうどいいので、タイムや感覚をつかんでおくといい」。目安として「5キロ40分でも、6時間以内で完走できる。周りが速くてもゆっくり自分のペースで大丈夫」と語った。

■食事の取り方もアドバイス

 本番まで残り1週間の13日、京都市北区の京産大総合グラウンドでランニング講座が開かれた。完走への極意を、伊東総監督らが実技などを通して伝授した。

 京産大が京都市や京都マラソン実行委員会と連携して開いた。2回目のこの日は、40人が参加。小室輝明コーチらの講義では、事前の食事や休息の取り方を説明した。小室コーチはレース3日前からは揚げ物やカレーなど油を多く使った食事、前日には生ものを避けるようにアドバイス。残りの期間では体調を整えるため、走る距離を減らし、しっかりと睡眠を取るべきとした。

 当日はスタート3~4時間前に食事を取り、エネルギーを蓄え、レース中は「低血糖を防ぎ、命を救う」とあめの携帯を勧めた。

 実技では5キロを走り、ペース配分やフォームを確認。伊東総監督は「レース後半にばてないように、最初の5キロのペースをつかむことが重要だ」と話し、トラックを一周するごとに参加者に声をかけた。またフォームも撮影し、細かい改善点を指摘していた。

【 2016年02月19日 18時53分 】

ニュース写真

  • マラソン本番直前のポイント

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      「火事だ!」大声競って訓練 京都で学生が防災フェス

      20161204000133

       大学生の消防防災サークルが企画した防災イベント「京(みやこ)防災フェスタ」が4日、京都..... [ 記事へ ]

      経済

      ゆるキャラで京都米PR、短大生に特選 

      20161204000033

       地元で収穫された「京都米」の魅力を発信する提案事業の表彰式が3日、京都市中京区のホテル..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「白樺日誌」図録をカラー化 京都・舞鶴のNPO、登録1年に改訂

      20161204000121

       国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」(世界記憶遺産)に登録されている「白樺..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・宇治田原の調理場が準優勝
      全国学校給食甲子園

      20161204000093

       地元食材を使って給食のおいしさや栄養価などを競う第11回「全国学校給食甲子園」の決勝大..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「こうのとり」9日打ち上げ
      多彩な荷物、宇宙にお届け

      20161204000088

       国際宇宙ステーションに物資を運ぶ無人補給機「こうのとり」6号機が9日、鹿児島県の種子島..... [ 記事へ ]

      国際

      改憲問うイタリア国民投票、接戦
      「反既存政治」に勢い

      20161204000087

       【ローマ共同】イタリアで4日、上院の権限縮小を柱とする憲法改正の是非を問う国民投票が実..... [ 記事へ ]