出版案内
福祉事業団
47NEWS

マラソン直前、何をすれば?

マラソン本番直前のポイント
マラソン本番直前のポイント

 「京都マラソン2016」が21日、京都市右京区の西京極陸上競技場をスタート、左京区の平安神宮前をゴールに行われる。完走に向け、残りわずかな日数で何ができるか。多くのランナーを指導してきた京産大陸上部の伊東輝雄総監督に聞いた。

■直前は休むべし

 直前の練習については「トレーニング期間は終わっているので、ここから速くなるのは無理。3、4日前に少し走ったら休むべき」ときっぱり。むしろ「完走したいなら、『走りたい』という気持ちをとにかく抑えて、当日に気持ちのピークが来るようにする。体力も回復してベストで走れる」と勧める。

 また「何日も前から生活リズムをレース当日の動きに合わせる必要はない。起床時間や食事はよほど不規則でなければ、普段通りの方が体が休まる」とも。

 市民ランナーの走り方としては「5キロで息が切れるペースだと、後半が走れない。かなり余裕があるくらいでちょうどいいので、タイムや感覚をつかんでおくといい」。目安として「5キロ40分でも、6時間以内で完走できる。周りが速くてもゆっくり自分のペースで大丈夫」と語った。

■食事の取り方もアドバイス

 本番まで残り1週間の13日、京都市北区の京産大総合グラウンドでランニング講座が開かれた。完走への極意を、伊東総監督らが実技などを通して伝授した。

 京産大が京都市や京都マラソン実行委員会と連携して開いた。2回目のこの日は、40人が参加。小室輝明コーチらの講義では、事前の食事や休息の取り方を説明した。小室コーチはレース3日前からは揚げ物やカレーなど油を多く使った食事、前日には生ものを避けるようにアドバイス。残りの期間では体調を整えるため、走る距離を減らし、しっかりと睡眠を取るべきとした。

 当日はスタート3~4時間前に食事を取り、エネルギーを蓄え、レース中は「低血糖を防ぎ、命を救う」とあめの携帯を勧めた。

 実技では5キロを走り、ペース配分やフォームを確認。伊東総監督は「レース後半にばてないように、最初の5キロのペースをつかむことが重要だ」と話し、トラックを一周するごとに参加者に声をかけた。またフォームも撮影し、細かい改善点を指摘していた。

【 2016年02月19日 18時53分 】

ニュース写真

  • マラソン本番直前のポイント

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      手話言語条例、早期に制定を 滋賀・彦根で初の県ろうあ者大会

      20160627000056

       滋賀県内の聴覚障害者たちがより豊かな暮らしができる社会を目指す「第1回滋賀県ろうあ者大..... [ 記事へ ]

      経済

      中国首相、国際協調求める
      英国のEU離脱問題で

      20160627000069

       【天津共同】中国天津市で開かれている国際会議「夏季ダボス会議」は27日、2日目の討議を..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      仏教の広がり概観 京都・龍谷ミュージアムで展示

      20160627000055

       インドで誕生した仏教がアジア全域に広まり、日本で浸透するまでの歴史を概観した展示会「仏..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      子ら暗算実力競う 右京で「全京都オリンピック」

      20160627000020

       京都府内の子どもたちが暗算の正確さと速さを競う「全京都あんざんオリンピック」が26日、..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      両陛下、学士院賞授賞式へ
      「ニホニウム」森田さんら

      20160627000065

       天皇、皇后両陛下は27日、第106回日本学士院賞の授賞式に臨席するため、東京・上野の日..... [ 記事へ ]

      国際

      「参ったな」とオバマ氏
      EU離脱で英首相に

      20160627000058

       【ワシントン共同】ライス米大統領補佐官は26日、英国民投票で欧州連合(EU)離脱派勝利..... [ 記事へ ]