出版案内
福祉事業団

球児の未来、改革へ一歩 八田英二・日本高野連会長

「改革への第一歩、第二歩くらいまでは進めたい」と語る日本高野連の八田会長(同大)
「改革への第一歩、第二歩くらいまでは進めたい」と語る日本高野連の八田会長(同大)

 高校球児の球春到来を告げる第88回選抜高校野球大会は出場校も決定し、3月20日に開幕を迎える。昨秋に第7代の日本高野連会長に就任した八田英二氏(66)に高校野球の課題を聞いた。

 -会長に就任して5カ月が過ぎた。

 「今、最も感じているのは高校野球の伝統の重さ。日本の文化とも言われる高校野球を束ねる独特の雰囲気を持つ組織だと感じる。会長就任後は和歌山国体と明治神宮大会、選抜大会の選考に携わった。週1回以上の会議に出席し、課題がだいぶ分かってきた」

 -今後の課題は。

 「投げ過ぎによる肘の故障や夏の暑さの中でのプレーなど選手の健康をどう守るかが大きい。大会運営と選手の健康に責任を持つ団体として、最低限の規制は必要だと感じている。タイブレーク制がすでに地方で一部導入されているので、選手の健康問題がどう解決されるのかの意見を集約したうえで(制度導入の可否を)決断をすべきだと考える」

 「ただ、最後まで試合をやりたいという球児の気持ちも分かる。反対する人が多い間は(導入は)無理という感じがする。投球制限や夏の試合開催についてもいろいろな意見がある。私が会長である間に方向性を見つけ、改革への第一歩、二歩くらいまで進めたい」

 -2年後に選抜大会が90回、選手権が100回大会を迎える。

 「節目の年にジャンプをしようと思えば踏み出しが大切。今年はホップの年となる。選手が最大限の力を発揮できるようにしたい。観客も気持ち良く応援できる環境をつくり、高校野球の発展につなげたい。選抜大会で導入する、軟式野球チームの小中学生を無料招待する『ドリームシート』はその一つ。女子選手にも来てほしい」

 -プロ野球経験者が高校、大学の野球部で指導する資格を短期間で回復できる制度ができて3年となった。

 「すでに800人以上の元プロ選手が指導できるようになったが、高校野球の現場にはなかなか入っていけない。プロとアマの間で精神的な壁があると感じている。高校野球の指導者と元プロ選手が出会う場をこしらえたい。高校の指導者にプロの技術を見てもらい、現場で必要なことを話し合えば、融和できるのではないか」

 -教育面を重視している。

 「野球は人生そのもののような気がする。犠牲バントや投手交代、厳しい練習、仲間とのつながりもある。人生のいろいろな場面が凝縮されており、高校生に与える影響は大きい。日本高野連は野球が教育の一環との理念を掲げており、それに背く環境は排除し、選手を育てる環境整備に全力を尽くしたい」

 -久々に京都ゆかりの日本高野連トップが誕生した。

 「京都は京都二中(現鳥羽)が夏の第1回大会で優勝するなど伝統がある。京都生まれ、京都育ちの私が会長になったことを誇りに思う。京都が高校野球を盛り上げてほしい」

■はった・えいじ 京都市中京区出身。同志社中、同志社高、同大経済学部を経て、1985年に同大経済学部教授に就いた。98年から同大学長を15年務め、2010年に日本学生野球協会長に就任。2015年9月に第7代日本高野連会長となった。

【 2016年02月21日 15時00分 】

ニュース写真

  • 「改革への第一歩、第二歩くらいまでは進めたい」と語る日本高野連の八田会長(同大)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      博多陥没、薬液注入し地盤強化
      沈下防止へ4日に工事

      20161202000173

       福岡市のJR博多駅前の道路大規模陥没事故で、市交通局は2日、陥没部分の地下の砂層に薬液..... [ 記事へ ]

      経済

      ペッパーが観光案内や授業 京都府とソフトバンク協定締結

      20161202000159

       京都府は2日、情報通信技術(ICT)を生かした地域活性化を目指し、情報通信大手ソフトバ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      もうすぐシーズン、ゲレンデ作り急ピッチ 滋賀・箱館山スキー場

      20161202000144

       冬季スポーツ本番を前に、滋賀県高島市今津町の箱館山スキー場で、人工雪の「雪まき」が急ピ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      日焼けやシミ、メラニン仕組み解明 京都大、化粧品開発に期待

      20161202000150

       日焼けや肌のシミに関係するメラニン色素が表皮の中を広がっていく過程の一端を、京都大理学..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      青森、系列農場でも鳥インフル
      アヒル4千羽処分へ

      20161202000115

       青森県は2日、青森市北部の農場で食用アヒル(フランスカモ)が死んでいるのが見つかり、遺..... [ 記事へ ]

      国際

      政権転覆計画で10人拘束
      インドネシア、活動家ら

      20161202000100

       【ジャカルタ共同】インドネシア国家警察の報道官は2日、首都ジャカルタで同日開かれたバス..... [ 記事へ ]