出版案内
福祉事業団

サングラス掛け甲子園に 光アレルギー、滋賀学園井川二塁手

黒のサングラスを掛けて甲子園で練習する井川二塁手(甲子園)
黒のサングラスを掛けて甲子園で練習する井川二塁手(甲子園)

 20日開幕の選抜高校野球大会に初出場する滋賀学園高に、目の異変のためサングラスを着用してプレーを続ける選手がいる。2年の井川翔二塁手(17)は光が原因の可能性のあるアレルギーのため、蛍光灯の明るさでも頭痛が起きる症状を抱えている。厳しい練習に加え症状とも闘いながら、内野のリーダーとして仲間を引っ張っている。

 高校1年の秋、まばたきが増えたり、激しい頭痛や急な眠気に襲われたりする症状に悩まされ始めた。授業や練習に集中できず「前が見えなくなるくらい気分が悪く、日常生活もまともに送れなかった」と振り返る。

 病院でも原因は特定できなかった。目に入った光や砂がアレルギー症状につながっている可能性を指摘され、日常生活からサングラスを使うようになった。練習時は日差しの強さに応じて色の濃さが違うサングラスを使い分け、公式戦では事前に許可を得て着用してきた。

 当初は視界の変化に慣れなかったため、スライディング時に、頭をベースにぶつけたこともあった。「めがねをかけたこともなかったので、距離感が分かりにくかった。打球のイレギュラーには今も恐怖心が出てしまう」と話す。

 原因不明の症状と闘いながら得意の守備を磨き、2年になって守備位置の指示を出す重要な役割を任された。攻撃では2番打者として送りバントを何度も成功させるなど、つなぎ役として貢献してきた。

 甲子園でもサングラス着用の許可をもらい、大会初日に迎える桐生第一(群馬)との1回戦で初の夢舞台を踏む。「これまで苦しかったが、憧れの場所で野球ができるだけでうれしい」。ハンディを乗り越え、チームに欠かせない存在に成長した姿を大観衆に披露するつもりだ。

【 2016年03月17日 08時38分 】

ニュース写真

  • 黒のサングラスを掛けて甲子園で練習する井川二塁手(甲子園)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      佐賀県が「カキ小屋発祥」
      公開したPR動画が話題

      20170221000013

       有明海に面する佐賀県太良町を「カキ小屋発祥の地」として売り出そうと、佐賀県が公開したP..... [ 記事へ ]

      経済

      省エネの家電制御マイコン、ロームが開発

      20170221000022

       ロームは、家電や産業機器の動作を制御するマイコンで、消費電力を低減し、回路の故障を検知..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大賞の上坂さんら新鋭たたえる 京都で続「日本画新展」授賞式

      20170220000180

       京都市下京区の美術館「えき」KYOTOで開催中の第4回続(しょく)「京都 日本画新展」..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小4いじめ報告書公表せず、大津
      市教委、家族要望に反し

      20170221000019

       大津市で2015年、市立小4年だった男児(11)がいじめ被害を訴えて不登校になり、市教..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      東電、ドローンで3次元構造把握
      導入目指し飛行試験実施

      20170220000120

       東京電力は20日、福島第1原発の廃炉作業に役立てるため、3次元で施設内の空間構造の把握..... [ 記事へ ]

      国際

      逮捕のリ容疑者、毒物精製可能
      インド留学先の知人

      20170221000027

       【コルカタ共同】北朝鮮の金正男氏殺害事件で逮捕された北朝鮮のリ・ジョンチョル容疑者につ..... [ 記事へ ]