出版案内
福祉事業団

サングラス掛け甲子園に 光アレルギー、滋賀学園井川二塁手

黒のサングラスを掛けて甲子園で練習する井川二塁手(甲子園)
黒のサングラスを掛けて甲子園で練習する井川二塁手(甲子園)

 20日開幕の選抜高校野球大会に初出場する滋賀学園高に、目の異変のためサングラスを着用してプレーを続ける選手がいる。2年の井川翔二塁手(17)は光が原因の可能性のあるアレルギーのため、蛍光灯の明るさでも頭痛が起きる症状を抱えている。厳しい練習に加え症状とも闘いながら、内野のリーダーとして仲間を引っ張っている。

 高校1年の秋、まばたきが増えたり、激しい頭痛や急な眠気に襲われたりする症状に悩まされ始めた。授業や練習に集中できず「前が見えなくなるくらい気分が悪く、日常生活もまともに送れなかった」と振り返る。

 病院でも原因は特定できなかった。目に入った光や砂がアレルギー症状につながっている可能性を指摘され、日常生活からサングラスを使うようになった。練習時は日差しの強さに応じて色の濃さが違うサングラスを使い分け、公式戦では事前に許可を得て着用してきた。

 当初は視界の変化に慣れなかったため、スライディング時に、頭をベースにぶつけたこともあった。「めがねをかけたこともなかったので、距離感が分かりにくかった。打球のイレギュラーには今も恐怖心が出てしまう」と話す。

 原因不明の症状と闘いながら得意の守備を磨き、2年になって守備位置の指示を出す重要な役割を任された。攻撃では2番打者として送りバントを何度も成功させるなど、つなぎ役として貢献してきた。

 甲子園でもサングラス着用の許可をもらい、大会初日に迎える桐生第一(群馬)との1回戦で初の夢舞台を踏む。「これまで苦しかったが、憧れの場所で野球ができるだけでうれしい」。ハンディを乗り越え、チームに欠かせない存在に成長した姿を大観衆に披露するつもりだ。

【 2016年03月17日 08時38分 】

ニュース写真

  • 黒のサングラスを掛けて甲子園で練習する井川二塁手(甲子園)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      竹島周辺のアシカ漁、申請確認
      「日本の行政権裏付け」

      20170120000168

       竹島(島根県隠岐の島町)周辺でアシカ漁をしたいとして、1906年に「竹島漁業組合」が当..... [ 記事へ ]

      経済

      国内初、全自動の細胞培養装置開発 ロートとマイクロニクス

      20170120000167

       ロート製薬と医療機器製造のマイクロニクス(京都府久御山町)は20日、全自動の細胞培養装..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大寒、ほころぶ梅に春遠からじ 大津・石山寺

      20170120000162

       石山寺(大津市石山寺1丁目)の梅園で、1本の梅が花を咲かせている。20日は1年で最も寒..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      育てたメダカを売って募金 滋賀・伊香立中に文科大臣賞

      20170119000071

       大津市伊香立下在地町の伊香立中アクアリウム部が、寄付や慈善活動に取り組む若者を顕彰する..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      黒潮で爆弾低気圧が急発達
      海洋機構、スパコンで解析

      20170121000001

       日本の南岸を沿うように太平洋を西から東日本沖へと流れる黒潮が、冬に大雨や大雪をもたらす..... [ 記事へ ]

      国際

      英国でトランプ氏に抗議の横断幕
      ロンドンの観光名所

      20170120000157

       【ロンドン共同】ロンドンの観光名所、タワー・ブリッジで20日、不法移民対策でメキシコと..... [ 記事へ ]