出版案内
福祉事業団

“土の管理人”伝統の堅守サポート 龍谷大平安OB畑矢敬治さん

カートに乗ってグラウンドを整備する畑矢さん(京都市伏見区・龍谷大平安ボールパーク)
カートに乗ってグラウンドを整備する畑矢さん(京都市伏見区・龍谷大平安ボールパーク)

 第88回選抜高校野球大会に出場する龍谷大平安のOB、畑矢敬治さん(67)=大津市=が、専用球場のグラウンドキーパーとしてチームを支えしている。球場に勤務した経験を生かして土の状態に目を光らせ、伝統の堅守を陰からサポート。「一級品のグラウンドを大切に守り、選手にのびのびとプレーしてほしい」とナインを見守る。

 畑矢さんは平安高では捕手として活躍し、3年だった1966年の甲子園では春夏連続で8強入りした。ドラフトで阪急(現オリックス)から3位指名を受けたが、「プロで戦う自信がなかった」と指名を断り、社会人の全大丸で6年間プレーした。のちに巨人や阪神で活躍する故小林繁氏ともバッテリーを組んだ。引退後は社業に専念し、百貨店の紳士服売り場に立ち、バイヤーとして海外製品の仕入れも担当した。

 定年退職した2008年から3年間、皇子山球場(大津市)にグラウンドキーパーとして勤務。今年1月、母校の専用球場「龍谷大平安ボールパーク」を訪れた際、原田英彦監督からグラウンド管理の経験を伝えてほしいと請われ、週に5度、足を運んでいる。

 全国屈指の設備が整う専用球場は中堅120メートル、両翼100メートルで、内野の黒土は甲子園と同じというこだわりぶり。

 「グラウンドはこまめに手を掛けるほど良くなる」と言う畑矢さんは、整備の手順を選手に指導し、練習後はカートに乗って土をならしている。

 元捕手としての経験も生かし、バッテリーを指導することもある。チームは21日の初戦で明徳義塾(高知)とぶつかる。「平安は甲子園で勝つことが宿命のチーム。今年は打線も投手も力がある。いいスタートを切ってほしい」と期待を込める。

【 2016年03月18日 13時54分 】

ニュース写真

  • カートに乗ってグラウンドを整備する畑矢さん(京都市伏見区・龍谷大平安ボールパーク)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      初の防災訓練、地域に応じた対策必要 京都・向日の2町

      20161206000056

       京都府向日市の上植野町と鶏冠井町の住民組織がこのほど、初めての防災訓練を相次いで実施し..... [ 記事へ ]

      経済

      燗や冷、温度に合った清酒酵母 京都発、開発に力

      20161206000026

       京都市産業技術研究所(京都市下京区)が、燗(かん)酒や冷酒など、清酒の飲む温度に応じた..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ポインセチア、クリスマスへ色づく 京都府立植物園

      20161206000044

       クリスマスシーズンを彩るポインセチアの展覧会が、京都市左京区の府立植物園で開かれている..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      古民家を活動拠点に 京都・井手で京産大生

      20161206000061

       京都府井手町井手の空き家の古民家で、京都産業大(京都市北区)の学生たちが活動場所となる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ゴア元副大統領と会談
      トランプ氏、気候変動協議

      20161206000020

       【ワシントン共同】トランプ次期米大統領(共和党)は5日、気候変動問題への取り組みで20..... [ 記事へ ]

      国際

      首相辞任は予算可決後に
      イタリア大統領が要請

      20161206000018

       【ローマ共同】イタリアのレンツィ首相は5日、4日の国民投票での敗北を受け、マッタレッラ..... [ 記事へ ]