出版案内
福祉事業団

“土の管理人”伝統の堅守サポート 龍谷大平安OB畑矢敬治さん

カートに乗ってグラウンドを整備する畑矢さん(京都市伏見区・龍谷大平安ボールパーク)
カートに乗ってグラウンドを整備する畑矢さん(京都市伏見区・龍谷大平安ボールパーク)

 第88回選抜高校野球大会に出場する龍谷大平安のOB、畑矢敬治さん(67)=大津市=が、専用球場のグラウンドキーパーとしてチームを支えしている。球場に勤務した経験を生かして土の状態に目を光らせ、伝統の堅守を陰からサポート。「一級品のグラウンドを大切に守り、選手にのびのびとプレーしてほしい」とナインを見守る。

 畑矢さんは平安高では捕手として活躍し、3年だった1966年の甲子園では春夏連続で8強入りした。ドラフトで阪急(現オリックス)から3位指名を受けたが、「プロで戦う自信がなかった」と指名を断り、社会人の全大丸で6年間プレーした。のちに巨人や阪神で活躍する故小林繁氏ともバッテリーを組んだ。引退後は社業に専念し、百貨店の紳士服売り場に立ち、バイヤーとして海外製品の仕入れも担当した。

 定年退職した2008年から3年間、皇子山球場(大津市)にグラウンドキーパーとして勤務。今年1月、母校の専用球場「龍谷大平安ボールパーク」を訪れた際、原田英彦監督からグラウンド管理の経験を伝えてほしいと請われ、週に5度、足を運んでいる。

 全国屈指の設備が整う専用球場は中堅120メートル、両翼100メートルで、内野の黒土は甲子園と同じというこだわりぶり。

 「グラウンドはこまめに手を掛けるほど良くなる」と言う畑矢さんは、整備の手順を選手に指導し、練習後はカートに乗って土をならしている。

 元捕手としての経験も生かし、バッテリーを指導することもある。チームは21日の初戦で明徳義塾(高知)とぶつかる。「平安は甲子園で勝つことが宿命のチーム。今年は打線も投手も力がある。いいスタートを切ってほしい」と期待を込める。

【 2016年03月18日 13時54分 】

ニュース写真

  • カートに乗ってグラウンドを整備する畑矢さん(京都市伏見区・龍谷大平安ボールパーク)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      京都の空き家対策、実現性疑問? 「地域ごと事情違う」の声も

      20170123000018

       空き家の活用・流通などを図るため、京都市が策定を進める2017年度から10年間の「空き..... [ 記事へ ]

      経済

      鴻海会長「シャープから学んだ」
      旧正月前に忘年会

      20170122000064

       【台北共同】シャープの親会社である鴻海精密工業(台湾)の郭台銘会長は22日、春節(旧正..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「天翔の櫓」城主の眺め 滋賀・水口岡山城跡

      20170122000062

       昨年11月に国の史跡指定の答申を受けた水口岡山城跡がある甲賀市水口町の古城山(標高28..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      銅駝美工高、京都駅東地区に移転へ 市立芸大と連携

      20170123000014

       京都市と市教育委員会が銅駝美術工芸高(中京区)を下京区の京都駅東地区へ移転させる方向で..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      防衛省初衛星24日打ち上げ
      種子島から午後、H2Aで

      20170122000088

       宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は22日、防衛省が初めて保有し運用する通信..... [ 記事へ ]

      国際

      英国女性の禁錮刑確定
      イラン裁判所、控訴棄却

      20170123000010

       【テヘラン共同】イランに帰国中の昨年4月に体制転覆を企てたとして拘束され、一審で禁錮5..... [ 記事へ ]