出版案内
福祉事業団

プロ公式戦ナイターOK 大津・皇子山球場、照明リニューアル

ナイター用の照明をリニューアルし、プロ野球の公式戦開催基準を満たす明るさになった皇子山球場(大津市御陵町)=同市公園緑地協会提供
ナイター用の照明をリニューアルし、プロ野球の公式戦開催基準を満たす明るさになった皇子山球場(大津市御陵町)=同市公園緑地協会提供

 大津市御陵町の皇子山球場が、ナイター用の照明をリニューアルし、プロ野球の公式戦の開催基準を満たす明るさになった。4月2日にお披露目を兼ね、北大津高-龍谷大平安高(京都)の練習試合など各種イベントを催す。

 同球場は2002年から4年をかけ、両翼を91・5メートルから100メートルに広げ、内野スタンドを建て替えるなど大規模改修を行った。しかし、6基あるナイター用の照明塔は、1981年のびわこ国体に合わせて整備したものを使い続け、利用団体が改善を求めていた。

 大津市は本年度、約1億8千万円をかけ、全270個の照明球を従来より約1・5倍明るい最新型のものに取り換えた。照度は最も暗い外野のフェンス際が200~300ルクスから千ルクス超に、投球マウンドも従来の1200ルクスから2300ルクスに上がった。プロ野球の公式戦は内野が2千ルクス、外野が1200ルクス以上と定められ、開催基準をクリアするという。

 福森徹球場長(52)は「昼間のように明るくなった。以前の状態を知っている人は驚かれるはず」と話す。

 2日は「大津市民ベースボールデイ」と銘打ち、球場を無料開放する。北大津高-龍谷大平安高戦は午後6時プレーボール。親子グラウンド整備体験(5組10人)や野球用品が当たる抽選会を行う。昼間は大津市内の小学生対象の「球場で野球体験」(定員400人)や「親子グローブづくり」(100組200人、有料)がある。

 申し込みは25日まで。問い合わせは同球場TEL077(522)8015。

【 2016年03月19日 11時00分 】

ニュース写真

  • ナイター用の照明をリニューアルし、プロ野球の公式戦開催基準を満たす明るさになった皇子山球場(大津市御陵町)=同市公園緑地協会提供
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      先人の功績や歴史的な意義考察 京都で大政奉還150周年シンポ

      20170122000109

       大政奉還150周年を記念したシンポジウムが22日、京都市中京区の立命館大朱雀キャンパス..... [ 記事へ ]

      経済

      鴻海会長「シャープから学んだ」
      旧正月前に忘年会

      20170122000064

       【台北共同】シャープの親会社である鴻海精密工業(台湾)の郭台銘会長は22日、春節(旧正..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「天翔の櫓」城主の眺め 滋賀・水口岡山城跡

      20170122000062

       昨年11月に国の史跡指定の答申を受けた水口岡山城跡がある甲賀市水口町の古城山(標高28..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「水」をテーマに29点、同大写真同好会が撮影

      20170122000095

       「水」をテーマに学生が日常風景を切り取った写真の並ぶ展示が、京都市上京区の同志社大ハリ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      防衛省初衛星24日打ち上げ
      種子島から午後、H2Aで

      20170122000088

       宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は22日、防衛省が初めて保有し運用する通信..... [ 記事へ ]

      国際

      大統領執務室のカーテン、金色に
      就任早々模様替え

      20170122000106

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は20日の就任早々、大統領執務室の模様替えを行い、カ..... [ 記事へ ]