出版案内
福祉事業団
47NEWS

プロ公式戦ナイターOK 大津・皇子山球場、照明リニューアル

ナイター用の照明をリニューアルし、プロ野球の公式戦開催基準を満たす明るさになった皇子山球場(大津市御陵町)=同市公園緑地協会提供
ナイター用の照明をリニューアルし、プロ野球の公式戦開催基準を満たす明るさになった皇子山球場(大津市御陵町)=同市公園緑地協会提供

 大津市御陵町の皇子山球場が、ナイター用の照明をリニューアルし、プロ野球の公式戦の開催基準を満たす明るさになった。4月2日にお披露目を兼ね、北大津高-龍谷大平安高(京都)の練習試合など各種イベントを催す。

 同球場は2002年から4年をかけ、両翼を91・5メートルから100メートルに広げ、内野スタンドを建て替えるなど大規模改修を行った。しかし、6基あるナイター用の照明塔は、1981年のびわこ国体に合わせて整備したものを使い続け、利用団体が改善を求めていた。

 大津市は本年度、約1億8千万円をかけ、全270個の照明球を従来より約1・5倍明るい最新型のものに取り換えた。照度は最も暗い外野のフェンス際が200~300ルクスから千ルクス超に、投球マウンドも従来の1200ルクスから2300ルクスに上がった。プロ野球の公式戦は内野が2千ルクス、外野が1200ルクス以上と定められ、開催基準をクリアするという。

 福森徹球場長(52)は「昼間のように明るくなった。以前の状態を知っている人は驚かれるはず」と話す。

 2日は「大津市民ベースボールデイ」と銘打ち、球場を無料開放する。北大津高-龍谷大平安高戦は午後6時プレーボール。親子グラウンド整備体験(5組10人)や野球用品が当たる抽選会を行う。昼間は大津市内の小学生対象の「球場で野球体験」(定員400人)や「親子グローブづくり」(100組200人、有料)がある。

 申し込みは25日まで。問い合わせは同球場TEL077(522)8015。

【 2016年03月19日 11時00分 】

ニュース写真

  • ナイター用の照明をリニューアルし、プロ野球の公式戦開催基準を満たす明るさになった皇子山球場(大津市御陵町)=同市公園緑地協会提供
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      G7交通相会合が閉幕
      鉄道、航空で連携強化

      20160925000048

       長野県軽井沢町で開かれていた先進7カ国(G7)交通相会合で、石井啓一国土交通相は25日..... [ 記事へ ]

      経済

      USJ、再上場を検討
      投資加速へ今秋にも申請

      20160924000031

       大阪市の米映画テーマパーク、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の運営会社「..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      旧三井家別邸の美再生 京都・左京 修理完了、1日から公開

      20160925000042

       明治、大正時代の特徴的な近代和風建築を伝える重要文化財・旧三井家下鴨別邸(京都市左京区..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      植民地史料、ウェブで共有 立命大教授ら計画 

      20160923000038

       日本の植民地支配に関する史料の情報を、韓国や台湾などの研究者とウェブ上で共有する取り組..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      DNA抽出に中高生挑戦 京都、実験器具使い本格的に

      20160925000015

       採集した植物のDNA情報を解析する体験学習が24日、府立植物園(京都市左京区)と府立大..... [ 記事へ ]

      国際

      シャーロット王女が初外遊
      英王子一家、カナダ訪問

      20160925000006

       【ロンドン共同】英国のウィリアム王子夫妻は24日、長男ジョージ王子(3)と長女シャーロ..... [ 記事へ ]