出版案内
福祉事業団

現代舞踊の国際大会で好成績 京都・伏見のタップダンサー姉妹

優勝の表彰状と盾を持つ浄華さん(左)と、トップ5に選ばれた優華さん=京都市下京区・ダンスオフィスワン
優勝の表彰状と盾を持つ浄華さん(左)と、トップ5に選ばれた優華さん=京都市下京区・ダンスオフィスワン

 京都市伏見区のプロタップダンサーの姉妹が、現代舞踊を意味するコンテンポラリーダンスの国際大会で好成績を収めた。姉の中西浄華さん(25)が優勝し、妹の優華さん(22)が上位5位内に入賞した。大会では2人ともジャズの要素を取り入れた踊りを披露し、「ジャズダンサーとしても通用するという自信になった」と話す。

 2人は、2年前にポルトガルで開かれたタップの世界大会で優勝。現在はタップデュオ「華-puspa(ぷしゅぱ)」として活躍しているが、幼少期からジャズダンスやバレエなどタップ以外の踊りも学んできた。

 今回出場したのは、3月中旬に行われた「イタリア国際バレエ・コンテンポラリーコンクール」の20歳以上が参加するコンテンポラリー部門。欧州を中心に各国から選ばれた14人が演技を競い合った。

 浄華さんはジャズ特有の体の軸を斜めにするしなやかな動きと柔軟性を生かした大胆な演技を披露し、1位を獲得した。優華さんは、恋人をテーマにした曲の世界観を自作の振り付けでしっとりと表現し、「トップ5」の称号を手にした。表彰では成績優秀者5人が選出された後に上位3人の順位が発表され、それ以外の2人は順位付けせずに「トップ5」と呼ばれる。

 大会を振り返り、「楽しんで踊れた」と浄華さん。優華さんは「大技のない振り付けでも評価されてうれしい」と話す。今後はタップ以外の分野でもプロとして活躍したいという。

【 2016年05月10日 17時00分 】

ニュース写真

  • 優勝の表彰状と盾を持つ浄華さん(左)と、トップ5に選ばれた優華さん=京都市下京区・ダンスオフィスワン
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      70、90代の姉妹自殺か、川崎
      小田急柿生駅で飛び込み

      20170424000131

       24日午後2時25分ごろ、川崎市麻生区の小田急小田原線柿生駅で、女性2人が新宿発新松田..... [ 記事へ ]

      経済

      心も満たす幸せ社食 京都の企業、おしゃれに充実

      20170424000151

       ランチは午後からの仕事の活力源だ。外食もいいけれど、やっぱり第一の選択肢は懐に優しい社..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      御修法の法具一堂に 京都・東寺で特別展

      20170424000144

       正月に営まれる真言宗最高の儀式「後七日御修法(ごしちにちみしほ)」で用いる法具を集めた..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      カンボジアの子、生き生き 京都外大生、絵本交流を紹介

      20170424000056

       カンボジアの子どもに手作りの絵本を贈る活動を続けている京都外国語大(京都市右京区)のボ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      偽肝炎薬が病院にも流通
      和歌山市、患者には渡らず

      20170424000051

       C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品15本が1月、東京都や奈良県で相次いで見つかった問..... [ 記事へ ]

      国際

      大統領令連発、戦後最多へ
      トランプ氏、実績作り躍起

      20170424000082

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は政権発足100日を迎える29日を前にエネルギーや農..... [ 記事へ ]