出版案内
福祉事業団

都大路へ、さあ始動 全国女子駅伝、京都・滋賀チームが年始合宿

年始合宿初日から精力的に走る京都チームの中高生(上)と年始の合宿で汗を流す滋賀チームの中高生(下)=いずれも京産大総合グラウンド
年始合宿初日から精力的に走る京都チームの中高生(上)と年始の合宿で汗を流す滋賀チームの中高生(下)=いずれも京産大総合グラウンド

 皇后杯第35回全国都道府県対抗女子駅伝に出場する京都と滋賀チームが4日、中高生による年始合宿をそれぞれスタートさせた。選手たちは15日の本番に向け、真剣な表情で体を動かした。

 京都は午後2時、京都市左京区の宿舎に入った。沢井宏次監督は「チームの和を深めて、一丸となって目標に向かっていってほしい」とあいさつ。この後、京産大総合グラウンド(北区)に移り、高校生は8000メートル、中学生は5000メートルのペース走を行った。この合宿で最年長の京都外大西高3年、青山友莉菜は「チームを引っ張っていけるような行動をしていきたい」と意欲的に話し、初めて代表に選ばれた村松灯(樫原中)は「気合を入れてきた。思ったより走れていい感じ」と笑顔で話した。

 滋賀は午前9時半から京産大総合グラウンドで合宿をスタートさせた。選手は吉居克広監督らコーチ陣の指導を受けながら、ペース走に取り組み、午後は京都市内の大会コースを試走した。

 田中友梨(比叡山高)は3度目の代表入り。「中学生で出た時は不安だったけど、先輩に優しくしてもらった。今度は自分が引っ張る」と意気込む。昨年に続き選ばれた菅原彩乃(滋賀学園高)は「甘さを出さず、初めて代表になった時の気持ちで挑みたい」と力を込めた。

【 2017年01月04日 22時50分 】

ニュース写真

  • 年始合宿初日から精力的に走る京都チームの中高生(上)と年始の合宿で汗を流す滋賀チームの中高生(下)=いずれも京産大総合グラウンド
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      障害ある子の親に「親心の記録」 京都、不安緩和へノート

      20170820000116

       相続税対策などを支援する一般社団法人日本相続知財センター京都支部(京都市中京区)が、障..... [ 記事へ ]

      経済

      「さくら筆」のメーク術を指導 京都で22日

      20170820000067

       化粧筆専門店「京都六角館さくら堂」(京都市中京区)を運営するMURAGISHI(大阪府..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      幻想的に重文照らす 滋賀・石塔寺でフェス

      20170820000121

       国内最古の三重石塔で重要文化財「阿育王塔(あしょかおうとう)」などをライトアップする「..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      高校の発達障害支援手探り 京都、教員スキルや財政課題

      20170820000101

       京都府と京都市の両教育委員会が、発達障害に対する高校での支援の充実を図ろうとしている。..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      光合成遺伝子スイッチ先祖返りも 京都府立大教授ら解明

      20170819000129

       京都府立大と京都府立植物園が、同園内で育てられているシダやマツなどの植物を使って光合成..... [ 記事へ ]

      国際

      香港、雨傘主導者の実刑判決抗議
      5万人がデモ

      20170820000102

       【香港共同】香港民主派は20日、2014年の大規模民主化デモ「雨傘運動」の主導者、黄之..... [ 記事へ ]