出版案内
福祉事業団

滋賀チームの顔・山本さん、コーチに 全国女子駅伝

滋賀チームのコーチとして中高生を見守る山本菜美子さん(京都市北区・京都産業大総合グラウンド)
滋賀チームのコーチとして中高生を見守る山本菜美子さん(京都市北区・京都産業大総合グラウンド)

 全国女子駅伝の滋賀チームに12回代表入りした山本菜美子さん(28)=滋賀県野洲市=が、今大会から支援コーチの立場でチームを後押しする。中学から実業団時代まで滋賀の「顔」としてたすきをつなぎ、現役最後の全国舞台にもなった。「応援してくれる人に感謝の気持ちを持って走ってほしい」と後輩たちに伝える。

 「ファイト!」。正月明けの4日、京都産業大総合グラウンド(京都市北区)で走り込む滋賀の中高生に、山本さんが声を張り上げた。「引退してから陸上競技場は久しぶり。いろんな思い出がありますね」

 柏原中2年で初めて代表入り。草津東高、立命館大、ダイハツと陸上を続ける中、滋賀のたすきをかけてきた。2010年には過去最高の12位の躍進に貢献。「中学生の時はわくわくしながら参加していた。社会人になってからは、おかえりと言ってもらえる場所。古里のために頑張ろうと思った」と振り返る。学生時代は全日本大学女子駅伝で優勝するなど、ほかの大会でも力を発揮した。

 最後の駅伝は15年1月11日の第33回大会。ダイハツ陸上部に在籍中で、両足のかかとを痛めて1年ほどレースに出場できず悩んでいた。そんな時、滋賀のコーチから「どんな走りでもいいから」と代表入りを求められた。「私に居場所を与えてくれた。涙が出るほどうれしかった」。思うようなタイムは出せなかったが、滋賀チームの一員として走れたことに満足した。その年の秋、引退した。

 陸上からは遠ざかり、ダイハツ社員として勤務していた昨夏、滋賀のコーチとして誘われた。「お世話になった先生のお手伝いをしたい」と喜んで応じた。現役の時も、合宿で後輩と交流するのが楽しかった。「各選手が選ばれたことに自信を持ち、チームとして一つにまとまるために手助けしたい」と語る。

【 2017年01月11日 20時30分 】

ニュース写真

  • 滋賀チームのコーチとして中高生を見守る山本菜美子さん(京都市北区・京都産業大総合グラウンド)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      安倍首相答弁、加計認可「適正」
      4条件充足、指示を否定

      20171122000127

       安倍晋三首相は22日、参院本会議の代表質問で、林芳正文部科学相による学校法人「加計学園..... [ 記事へ ]

      経済

      明星、カップ麺9万食を自主回収
      別商品のラー油混入の可能性

      20171122000133

       明星食品は22日、カップ麺の調味油に別の商品に使うラー油が混ざっている可能性があるとし..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      高校生制作のイルミネーションで駅前キラキラに

      20171122000063

       京都府福知山市石原の府立工業高の生徒がつくった市民憲章花時計を彩るイルミネーションの点..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      デジタル断食で健康増進を 京大、朝原さんらパネル討論

      20171120000143

       学生や教職員の健康増進を目指した京都大のヘルシーキャンパス運動の開始記念フォーラムが2..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPSでアルツハイマー予防薬 京大、組み合わせ候補発見

      20171122000013

       アルツハイマー病の原因物質の生産を抑制する既存薬の組み合わせを、京都大iPS細胞研究所..... [ 記事へ ]

      国際

      トランプ氏、七面鳥に恩赦
      オバマ氏の決定「覆さず」

      20171122000019

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は21日、米国の家庭で伝統的に七面鳥料理が振る舞われ..... [ 記事へ ]