出版案内
福祉事業団

女子駅伝第1回出場ランナー、福島の新監督に 「陸上の原点」

練習中に中学生選手と談笑する福島チームの阿部監督(右から2人目)=12日、京都市右京区・西京極陸上競技場
練習中に中学生選手と談笑する福島チームの阿部監督(右から2人目)=12日、京都市右京区・西京極陸上競技場

 全国女子駅伝の第1回大会(1983年)を福島チームで走った阿部縁(ゆかり)さん(48)=福島市=が、今大会から監督に就いた。都大路を6度駆け、「私を陸上に導いてくれた大会」と感謝の気持ちを胸に刻む。東日本大震災からの復興を目指す古里に元気を届けたい-。15日の号砲を心待ちにしている。

 土のトラックの西京極陸上競技場(京都市右京区)で、優勝した千葉の増田明美さんがゴールテープを切ったのを覚えている。第1回大会は西信中2年の時。初めての駅伝で「空気にのまれたというか、何も分からないまま走っていた」。沿道の人だかりや大声援に圧倒されながらも、みんなでたすきをつなぐのは楽しかった。同時に、棄権した他チームを見て、たすきの重さを感じた。

 走った3区は現在中学生区間となっているが、当時は年齢による区間分けがなく、中学生から社会人までが競う中で区間6位と好走した。それまで走ることを深く考えたことはなかったものの、「結構いい結果が出て、やれるぞと思った。私を陸上に導いてくれた大会だった」と振り返る。福島西女子高(現・福島西高)では全国高校総体や国体に出場し、東京女子体育大でも競技を続けた。

 卒業後は古里に戻り、中学の教員として後進を指導する。「自分を育ててくれた大会に関われることはありがたい」と、支援スタッフやコーチとして10年以上、全国女子駅伝に携わってきた。

 2011年3月11日、福島県は東日本大震災に見舞われた。チーム内でも前回まで監督を務めた畑中良介コーチ(49)が福島第1原発事故で双葉町の自宅を手放したという。

 阿部さんは「福島から避難している人、福島へ帰れない人がいる。みんなが走ることで元気を発信できる」と語る。選手に震災について話すことは少ない

【 2017年01月13日 09時04分 】

ニュース写真

  • 練習中に中学生選手と談笑する福島チームの阿部監督(右から2人目)=12日、京都市右京区・西京極陸上競技場
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      母なる琵琶湖に浮かぶ島 滋賀県の図柄入りナンバー決定

      20171124000174

       滋賀県内で来秋に導入される図柄入り自動車ナンバープレートのデザインが決まり、県が24日..... [ 記事へ ]

      経済

      ハウスがカレー14万個回収
      樹脂片が混入した可能性

      20171124000123

       ハウス食品グループ本社は24日、ハウス食品が販売するレトルトカレーに樹脂片が混入した可..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      輝く86万球、光のサーカス 京都、ロームイルミネーション

      20171124000142

       電子部品大手、ローム(京都市右京区)の本社周辺で24日、毎年恒例のイルミネーションが始..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      オンラインゲームでおすすめ図書推薦 同大教授ら開発

      20171123000048

       個々の関心に合う本を紹介する小中学生対象のオンラインゲームを、同志社大の原田隆史教授(..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      湯川博士、原爆開発関与疑われ聴取 終戦直後米軍に

      20171124000057

       敗戦後の食料難に苦しみ、焼け跡をさまよう失意の日本に希望と勇気を与えた、京都大・湯川秀..... [ 記事へ ]

      国際

      フランス外相、中国提案を否定
      北朝鮮問題「効果ない」

      20171125000005

       【北京共同】中国を訪れているフランスのルドリアン外相は24日、北朝鮮の核・ミサイル開発..... [ 記事へ ]