出版案内
福祉事業団

国内最古のラグビー定期戦、百戦目 5月に同志社大対慶大

第1回の記念試合に出場した同大と慶大の選手たち(1912年、旧制三高グラウンド)=「同大ラグビー部百年史」より
第1回の記念試合に出場した同大と慶大の選手たち(1912年、旧制三高グラウンド)=「同大ラグビー部百年史」より

 ラグビーの同志社大と慶応大が対戦する第100回定期戦が5月4日、東京都の秩父宮ラグビー場で行われる。1912(明治45)年に始まり、ラグビーでは国内で続く最古の定期戦。太平洋戦争による中断を乗り越え、伝統校が重ねてきた一戦を前に、同志社OBは「歴史ある舞台で試合ができる幸せを感じてほしい」と選手にエールを送る。

 1899(明治32)年に日本で初めてのラグビー部が慶大で誕生し、1911年に同大も創部した。初の定期戦は旧制三高(現京都大)グラウンドであり、同大は3-24で敗退。当時の京都日出新聞は「銀笛の響と共に東西より駆け出す様は實(じつ)に勇ましき光景」と伝えている。

 太平洋戦争での中断を除き、試合はほぼ毎年行われてきた。戦後初の一戦は47年1月。FWで先発した久米淳介さん(93)=京都市左京区=は「戦争に行った仲間が帰ってこなかった。食べ物も満足にない状況だったが、何とか勝ちたいと思っていた」と振り返る。結果は6-6で引き分けた。

 同大から戦後初の日本代表に選ばれた広畠登さん(86)=左京区=は、53年に大阪の花園ラグビー場で行われた試合が忘れられない。当時は慶大の圧勝が続き、同大は前半をリードして14年ぶりの勝利が見えた。しかし終了間際に勝ち越されて21-24で逆転負け。「ようやく関東に対抗できるようになった時期。公式戦は少なかったので、負けたら本当に頭に来た」と懐かしむ。

 過去99回の対戦は同大の40勝55敗4分け。全国大学選手権では両校合わせて7度の優勝を誇り、昨年度は同大が11年ぶりに4強入りし、慶大も8強と健闘した。OBでつくる同志社ラグビークラブの村口和夫会長(67)は「以前は日本選手権より大学同士の対抗戦が重要だった。慶応のOBに会うと今でも試合の話になる。現役選手にとってもきっと将来の思い出になる」と話す。

【 2017年04月21日 07時50分 】

ニュース写真

  • 第1回の記念試合に出場した同大と慶大の選手たち(1912年、旧制三高グラウンド)=「同大ラグビー部百年史」より
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      醍醐駅だけ乗客減、人口減影響か 京都市地下鉄、烏丸線好調

      20170722000187

       2016年度までの8年間で1日当たりの乗客数が5万人増えた京都市営地下鉄の全31駅で、..... [ 記事へ ]

      経済

      ロボットで基盤接続、対応コネクタ 京セラが新製品

      20170722000140

       京セラは、基板同士をつなぐ部品コネクタで、ロボットによる取り付けに対応した製品を発売し..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大本開祖・出口なお生誕地発信へ 京都、没後100年に向け

      20170722000146

       大本の出口なお開祖(1837~1918年)が生まれた京都府福知山市上紺屋の土地を、宗教..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都の学生、知的国際交流 テーブル囲み3年目

      20170722000106

       観光や仕事で京都を訪れる外国人の中で、特定の分野に秀でたアーティストや研究者らを招き、..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      南半球海域にマンボウ新種
      日豪研究チームが確認

      20170722000018

       オーストラリアやニュージーランド近海など南半球の温帯海域に、新種のマンボウが生息すると..... [ 記事へ ]

      国際

      ダイアナ元妃の愛用品展示
      死後20年、ロンドンの宮殿

      20170722000127

       【ロンドン共同】今年で死後20年となる英国のダイアナ元皇太子妃をしのび、ロンドン中心部..... [ 記事へ ]