出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「世界戦、得たものばかり」 ボクシング村田

エンダムとの世界戦を「楽しいと思う瞬間はあったが、最初から最後まで楽しいわけではない。緊張も恐怖の瞬間もあった」と振り返る村田(京都市内のホテル)
エンダムとの世界戦を「楽しいと思う瞬間はあったが、最初から最後まで楽しいわけではない。緊張も恐怖の瞬間もあった」と振り返る村田(京都市内のホテル)

 5月に行われた世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座決定戦で、アッサン・エンダム(フランス)に判定で敗れた村田諒太(帝拳、南京都高-東洋大出)。このほど現役続行を表明し、京都市内で開かれた後援会のパーティーでも「日々強くなることを繰り返すしかない」と意欲を語った。世界戦で感じたことや今後の目標について聞いた。

 -初の世界戦で得るものはあったか。

 「得るものしかなかった。ベルトを取れなかっただけで、実は何かを失ったわけではない。そういう捉え方は面白いと、今度の試合で思った。全勝記録を失ったと言われるかもしれないが、それは個人的な問題でこだわっていない。舞台をつくってくれたみんなの苦労に報いられなかったのは申し訳ないが、引き続きサポートしてくれている。仲間を失ったわけでもない」

 -現役続行を表明した理由は。

 「体力的な衰えを感じない。むしろ伸びしろがある。ベルトを取りたいという気持ちもあるし、もっと強くなれると思う。それが一番大きい。もう一度ボクシングをやってみたいと単純に思う」

 -世界戦を経験し、新たな目標が見えたか。

 「現実的な目標としてはタイトルを取る。最終的な目標になるか分からないが、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン、ミドル級で主要3団体の世界王者)やサウル・アルバレス(メキシコ、元世界王者)とか、あの辺りに絡んでいきたい。そういうところを目指してやっていきたい」

 「今まではそんな景色も見えていなかった。エンダムと戦って、評価してもらえる試合をしたおかげで、海外からのオファーがあるという記事もあった。今までは遠くに見えている幻みたいなものが、やっと現実的なものとして射程距離に入りつつあるのかな。それを現実のものとして捉えて頑張っていきたい」

 -南京都高(現京都廣学館高)の武元前川先生のお墓で、何を報告したか。

 「先生は勝っても、ガッツポーズを一つしたくらいで怒る人。負けてふてくされていても怒る。昔、高校の先輩が3位の表彰状を粗末に扱っていた。それを見て先生が『村田。こんなふうに粗末にしているから駄目なんだ。今の自分の実力、状況を受け入れてないと前に進めない』と言われていたことを思い出した。今回の結果を自分の中では受け入れられているし、武元先生に恥じるようなことはしていない。だから『先生に怒られないと思います』と言いました」

 -精神科医のヴィクトール・フランクルや心理学者のアルフレッド・アドラーの著書に興味を持ち、最近は「闘う哲学者」と呼ばれている。

 「僕が付けたあだ名でもないですし、それはそれでいいですよ(苦笑)。ただ僕が常に哲学的な考えをしていて、常に品行方正でいるかというとそうじゃない。まあ実際に興味があるし、これから僕が興味を持つこともそういった類いのものになると思う。勉強とか研究をしているわけではないが、本を読んで感化されるものがあった。それを自分の中に落とし込めたらいいと思っているだけです」

 ■むらた・りょうた 1986年、奈良県生まれ。南京都高(現京都廣学館高)で全国高校総体や国体など通算「5冠」を達成。東洋大で全日本選手権を制し、2012年のロンドン五輪男子ミドル級で金メダルを獲得。13年にプロ転向し、17年5月のWBAミドル級王座決定戦で判定により初黒星を喫した。戦績は13戦12勝(9KO)1敗。

【 2017年06月21日 17時00分 】

ニュース写真

  • エンダムとの世界戦を「楽しいと思う瞬間はあったが、最初から最後まで楽しいわけではない。緊張も恐怖の瞬間もあった」と振り返る村田(京都市内のホテル)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      河野氏「核不拡散に挑戦」
      NPT委で北朝鮮を非難

      20180425000009

       【ジュネーブ共同】河野太郎外相は24日、スイスで開催中の核拡散防止条約(NPT)再検討..... [ 記事へ ]

      経済

      アマゾン、マイカーに配達
      米で新サービス、留守中

      20180425000008

       【ニューヨーク共同】米インターネット通販大手アマゾン・コムは24日、マイカー内に商品を..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      春雨に濡れ、イチハツしっとり 京都、得浄明院で特別公開

      20180424000068

       京都市東山区林下町の得浄明院で、アヤメの仲間「イチハツ」の見頃に合わせ春の特別公開が行..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底生物を捕る自動ロボ開発
      東大と九工大、環境調査に活用

      20180424000066

       海底を自動で動き回って生き物を捕まえるロボットを開発したと、東京大と九州工業大のチーム..... [ 記事へ ]

      国際

      中国、近隣国と関係強化
      上海機構が外相会議

      20180424000163

       【北京共同】中国とロシア、インド、中央アジア諸国などで構成する「上海協力機構(SCO)..... [ 記事へ ]