出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

レスリングと柔道、二刀流挑む 京都の高校生

柔道場でレスリングの練習に取り組む谷本さん(右)=京都市左京区・東山高
柔道場でレスリングの練習に取り組む谷本さん(右)=京都市左京区・東山高

 東山高(京都市左京区)柔道部の3年谷本優駿(まさたか)さん(18)が、レスリングの全国高校総体(インターハイ)京都府予選で優勝し、3年連続で今夏の本大会出場を決めた。専門の柔道では個人3位と惜しくも全国切符を逃したが、格闘技の「二刀流」に挑む谷本さんは「最後のインターハイ。まずは1勝が目標」と闘志を燃やす。

 南区の唐橋小2年で柔道を始め、八条中では京都市春季総体などで優勝した。高校では171センチ、101キロの体格を生かし、100キロ級の試合で活躍。副主将としてもチームを引っ張っている。

 東山高柔道部では10年ほど前から強化の一環としてレスリングの練習を取り入れている。前監督の塩貝省吾教頭(51)は「レスリングの投げ技や寝技は柔道にも生かせて勉強になる」と話す。谷本さんも「つながるところが多い。練習も楽しかった」と1年から取り組んできた。

 塩貝教頭はレスリング強豪の網野高(京丹後市)などに出向いて競技の魅力を学んだ。「ひたむきに競技と向き合う姿勢に刺激を受けた。こちらが柔道部員でも嫌な顔をせず、レスリングの大会に出させてもらい本当にありがたい」と感謝する。

 レスリング専用のマットはなく、練習は柔道場で行う。選手は柔道着を脱いでTシャツと短パン姿になり、組み合って投げ技や寝技を繰り返す。道着を着ていない相手をいかに投げるか、うつぶせの相手をどうあおむけにするかを考える練習が、どちらの競技にもプラスになるという。

 谷本さんは3年間、柔道の個人ではインターハイに出場できなかったが、レスリングでは春の全国選抜大会を含めて今夏が5度目の全国舞台となる。「柔道もレスリングも競技に取り組む気持ちは変わらない。得意な投げ技を中心に結果を残したい」と力を込める。

【 2017年06月25日 21時00分 】

ニュース写真

  • 柔道場でレスリングの練習に取り組む谷本さん(右)=京都市左京区・東山高
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      廃止駅を改修、観光拠点に
      映画舞台の北海道・増毛

      20180422000071

       北海道増毛町は22日、利用者減少で2016年12月に廃線となったJR留萌線の留萌―増毛..... [ 記事へ ]

      経済

      米財務長官、対日FTAに意欲
      訪中も検討

      20180422000005

       【ワシントン共同】ムニューシン米財務長官は21日、ワシントンで記者会見し、巨額の対日貿..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      夜芝居10年、飛びに飛んだ茂造を 祇園花月で演出、主演

      20180422000065

       吉本新喜劇座長の辻本茂雄(53)が年1回、自ら作・演出と主演を務める特別公演「茂造の夜..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      幻の実験機器、島津製に続々帰還 学校統廃合や校舎改築で

      20180422000042

       明治時代初期に教育用の理化学器械の製造を始めた島津製作所。明治・大正時代の機器や標本が..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮が黒鉛施設を新設か
      米研究者、核拡散に懸念

      20180422000070

       【トロント(カナダ)共同】米シンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)のオルブラ..... [ 記事へ ]