出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「鉄人」留学生、目指すは東京五輪 京都

同志社大で日本語を学びながら、トライアスロン選手として活躍するマチャコヴァさん(京都市上京区・同大今出川キャンパス)
同志社大で日本語を学びながら、トライアスロン選手として活躍するマチャコヴァさん(京都市上京区・同大今出川キャンパス)

 同志社大(京都市上京区)で日本語を学ぶチェコ出身の留学生が、トライアスロン選手として国内外の大会で活躍している。3年後の東京五輪に母国の代表として出場することを目標に、京のチームで練習に励んでいる。

 21歳のヤナ・マチャコヴァさん。南区のトライアスロンチーム「AS京都」に所属し、6月4日に台湾で行われたアジアカップでは、トップレベル選手が競う女子エリートの部で5位の好成績を収めた。指導する内山勇監督(45)は「ものすごく真面目な努力家。日本では彼女の課題だった水泳の技術を中心に教えた。学んだことを生かして東京五輪に帰ってきてほしい」と期待する。

 12歳ごろからトライアスロンを始め、2015年には米シカゴでの世界大会ジュニアの部で14位に入った。スイム、バイク、ランのうちランが得意で、京都では鴨川沿いで走り込んでいる。「自然を感じて、知らなかった場所に出会えるところが好き。レースで世界中に友達ができる」と競技の魅力を語る。

 一方で日本の文化や宗教に関心があり、英リーズ大に進んで日本語を専攻。協定を結んでいる同志社大に昨年9月から1年間の予定で留学している。

 授業がある日も含めてほぼ毎日、2~6時間の練習をこなす多忙な生活だ。チームメートと話すおかげで日本語も上達し、関西弁交じりで「めっちゃ大変。でもトライアスロンが好きだから」と生き生きと語る。

 五輪代表入りを懸け、世界ランク上位定着を目指す。「オリンピック出場は簡単ではないけれど、無理じゃないと思う。勉強もトライアスロンも続けたい」

【 2017年07月02日 11時40分 】

ニュース写真

  • 同志社大で日本語を学びながら、トライアスロン選手として活躍するマチャコヴァさん(京都市上京区・同大今出川キャンパス)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      住宅火災で高齢男女死亡
      東京・練馬

      20180524000224

       24日午後8時5分ごろ、東京都練馬区錦1丁目の2階建て住宅から出火し、1階約30平方メ..... [ 記事へ ]

      経済

      スバル、初のEVはフォレスター
      主力車で環境対応

      20180524000102

       SUBARU(スバル)が、2021年に発売する初の電気自動車(EV)をスポーツタイプ多..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京町家「長江家」復元完成 手続き簡素化の市制度初

      20180524000196

       京都市下京区の京町家「長江家(ながえけ)住宅」で、内装を150年前の建築当時の姿に近づ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      iPS細胞から免疫機能高める細胞作製 京大グループ発表

      20180524000201

       ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、免疫細胞を活性化させるリンパ球のような働きを持..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発再稼働、地元同意対象拡大を
      福井の市民団体が協定締結要

      20180524000145

       脱原発などを訴える福井県の市民団体が24日、原発再稼働時の「地元同意」の対象を、原発か..... [ 記事へ ]

      国際

      ナジブ前首相を再聴取
      マレーシア公金流用疑惑

      20180524000218

       【クアラルンプール共同】マレーシアの汚職対策委員会(MACC)は24日、首都クアラルン..... [ 記事へ ]