出版案内
福祉事業団

「鉄人」留学生、目指すは東京五輪 京都

同志社大で日本語を学びながら、トライアスロン選手として活躍するマチャコヴァさん(京都市上京区・同大今出川キャンパス)
同志社大で日本語を学びながら、トライアスロン選手として活躍するマチャコヴァさん(京都市上京区・同大今出川キャンパス)

 同志社大(京都市上京区)で日本語を学ぶチェコ出身の留学生が、トライアスロン選手として国内外の大会で活躍している。3年後の東京五輪に母国の代表として出場することを目標に、京のチームで練習に励んでいる。

 21歳のヤナ・マチャコヴァさん。南区のトライアスロンチーム「AS京都」に所属し、6月4日に台湾で行われたアジアカップでは、トップレベル選手が競う女子エリートの部で5位の好成績を収めた。指導する内山勇監督(45)は「ものすごく真面目な努力家。日本では彼女の課題だった水泳の技術を中心に教えた。学んだことを生かして東京五輪に帰ってきてほしい」と期待する。

 12歳ごろからトライアスロンを始め、2015年には米シカゴでの世界大会ジュニアの部で14位に入った。スイム、バイク、ランのうちランが得意で、京都では鴨川沿いで走り込んでいる。「自然を感じて、知らなかった場所に出会えるところが好き。レースで世界中に友達ができる」と競技の魅力を語る。

 一方で日本の文化や宗教に関心があり、英リーズ大に進んで日本語を専攻。協定を結んでいる同志社大に昨年9月から1年間の予定で留学している。

 授業がある日も含めてほぼ毎日、2~6時間の練習をこなす多忙な生活だ。チームメートと話すおかげで日本語も上達し、関西弁交じりで「めっちゃ大変。でもトライアスロンが好きだから」と生き生きと語る。

 五輪代表入りを懸け、世界ランク上位定着を目指す。「オリンピック出場は簡単ではないけれど、無理じゃないと思う。勉強もトライアスロンも続けたい」

【 2017年07月02日 11時40分 】

ニュース写真

  • 同志社大で日本語を学びながら、トライアスロン選手として活躍するマチャコヴァさん(京都市上京区・同大今出川キャンパス)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      舞鶴医療センターに緩和ケア病棟開設 京都府北部初

      20180122000133

       終末期のがん患者らに心身の苦痛を和らげ、穏やかな雰囲気で過ごしてもらう「緩和ケア病棟」..... [ 記事へ ]

      経済

      「空気読む」技術開発 京都のIT企業など新サービス

      20180122000131

       IT企業や大手電子部品メーカーが、「空気を読む」技術を開発している。ロボットやスマート..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      博物館巡りインスタ映えスイーツ 京都の5館が限定企画

      20180122000137

       京都市内の博物館・美術館を巡り多様な文化に触れる催し「京都ミュージアムロード」が24日..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      遺骨返還の風、京大拒否 <標本にされた「祖先」>

      20180122000102

       昨年11月13日、京都市伏見区の龍谷大深草キャンパス。北海道から「コタンの会」代表清水..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      31日に全国で「皆既月食」
      妖しい色、観察チャンス

      20180121000076

       月が地球の影にすっぽり隠れる「皆既月食」が今月31日夜に日本各地で起きる。夜中までの比..... [ 記事へ ]

      国際

      法王の南米歴訪、チリでは影
      聖職者の性的虐待問題に批判

      20180122000130

       【リマ共同】ローマ法王フランシスコが21日、南米チリ、ペルー歴訪を終えた。アルゼンチン..... [ 記事へ ]