出版案内
福祉事業団

難聴テニス選手、初の世界挑戦 京都産大・笹島

デフリンピックに出場が決まった笹島(京産大市原テニスコート)
デフリンピックに出場が決まった笹島(京産大市原テニスコート)

 7月18~30日にトルコで開かれる聴覚障害者の国際スポーツ大会「デフリンピック」のテニス男子に、京産大1年の笹島航太が日本代表として出場する。初出場を前に「チャレンジャーの気持ちで、できることを出し切る」と意気込む。

 デフリンピックは4年に1度行われる、ろうや難聴の選手による総合スポーツ大会。笹島は、2015年の全国ろうあ者体育大会テニス男子シングルス準優勝などの成績が評価されて代表入り。男子シングルスのほか、松下哲也(大阪聴力障害者協会)と組む同ダブルスに出場する。

 スピンやスライスを使い分けて緩急をつけたり、粘り強いラリーを生かした駆け引きが持ち味。生まれつきの難聴で、補聴器を付け相手の口の動きを見ることで会話ができるが、人混みなどでは聞き取りづらい。デフリンピックでは規定により補聴器を外してプレーする。打球の音が聞こえない分、目を凝らして球の強さや速さを見極めるという。

 人気漫画に影響を受けて小学5年の時に京都市内のテニスクラブに入り、技を磨いて試合で発揮する面白さに魅了された。高校は強豪の東山高に進み、団体で全国選抜大会にも出場。練習で指示が聞き取れない際には仲間が言い直してくれるなどサポートを受けながら、厳しい練習を共にやり遂げた。「特別扱いされなかったのが一番うれしかった」と振り返る。

 この春から京産大硬式テニス部に所属し、初めての国際大会に向け練習に励む。「うれしい気持ちもあるが、代表の責任の重さを感じる。全力で戦いたい」と力強く語った。

【 2017年07月02日 11時51分 】

ニュース写真

  • デフリンピックに出場が決まった笹島(京産大市原テニスコート)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      合掌造り包む柔らかな光、岐阜
      白川郷ライトアップ

      20180121000106

       岐阜県白川村の白川郷で21日、世界文化遺産に登録されている合掌造り集落がライトアップさ..... [ 記事へ ]

      経済

      ジビエの魅力発信、多彩な料理味わって 京都でフェア開催

      20180121000082

       京都府中丹・南丹地域6市町で、イノシシやシカなどジビエ(野生鳥獣肉)の魅力を紹介する「..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      西郷隆盛の自筆書状を発見
      鳥取藩の立場探る

      20180121000112

       明治新政府と旧幕府による戊辰戦争直前に、薩摩藩士西郷隆盛が、徳川家と深い関係性のあった..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      遺骨87体未返還、尊厳無視 <医の倫理根源 京大の収集>

      20180121000089

       京都大は、大正時代から京都帝国大医学部の清野謙次教授らが収集したアイヌ民族の遺骨のほか..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      31日に全国で「皆既月食」
      妖しい色、観察チャンス

      20180121000076

       月が地球の影にすっぽり隠れる「皆既月食」が今月31日夜に日本各地で起きる。夜中までの比..... [ 記事へ ]

      国際

      フィギュア北朝鮮ペア、台北入り
      四大陸選手権で、平昌出場に

      20180121000063

       【台北共同】平昌冬季五輪への出場が決まった北朝鮮のフィギュアスケートペアのリョム・テオ..... [ 記事へ ]