出版案内
福祉事業団

名将たちの甲子園 葛藤や苦悩を書籍化

「一歩の会を越える会」の今井代表と、出版された「甲子園監督」(大津市・大津商高)
「一歩の会を越える会」の今井代表と、出版された「甲子園監督」(大津市・大津商高)

 全国の高校野球監督の有志が集まるグループで、彦根東高(滋賀県彦根市)野球部前監督の今井義尚さん(57)=大津商業高校長=が代表を務める「一歩を越える会」が発足4年目の集大成として行った座談会がこのほど、本にまとまった。タイトルは「甲子園監督」(池田書店)。2度の全国制覇を誇る日大三高(東京)の小倉全由監督ら名将7人が監督としての葛藤や苦悩を熱く語る。4年ぶりの甲子園で7日に初戦を迎える彦根東高が実践してきた文武両道の底流も読み取れる。

 7人は今井代表と小倉監督のほか、昨夏全国優勝した作新学院高(栃木)の小針崇宏監督、清峰高(長崎)を全国の頂点に導いた吉田洸二監督(現山梨学院高)ら。今年1月に大津市で座談会を行い、旧知の監督同士が本音で語り合った。

 20のテーマに分けて語られ、「2回裏 エースと4番」「3回裏 家族関係」などと独特の仕立て。「保護者」「学内業務」などあまり語られてこなかった切り口のテーマもある。春夏通算19度の甲子園出場を誇る小倉監督は「何年監督やっても自分はだめ。負けた時は自分が立ち上がれない」と心情を吐露。家族関係の章では、自らが離婚し父子家庭で野球と子育ての両立に悩みながら現場に立つ指導者の独白もある。

 2009年春に彦根東高を56年ぶりの甲子園に導いた今井代表は「目標を持って努力する中で、進学でも『行きたい大学』にチャレンジする傾向が目立ってくる。浪人しても恐ろしく学力が伸びる子が増えてきた」と意識付けの大切さを強調する。

 同会は今井代表が親交のある指導者に呼び掛け、14年に発足。滋賀、京都の監督を中心に100人近くが大津に集まり、泊まり込みで議論してきた。今井代表は「甲子園に出るような監督でも日々苦悩と戦っている。若い監督や野球以外の競技の指導者にも参考になるのでは」と話す。

 大津市在住のフリーライター吉村淳さんの編。288ページ、1296円。

【 2017年08月05日 15時10分 】

ニュース写真

  • 「一歩の会を越える会」の今井代表と、出版された「甲子園監督」(大津市・大津商高)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      福島市長に木幡氏初当選
      元復興局長、現職ら破る

      20171119000137

       任期満了に伴う福島市長選は19日投開票され、無所属新人で元復興庁福島復興局長の木幡浩氏..... [ 記事へ ]

      経済

      性的少数者の虹色、伝統工芸に 京都で動き広がる

      20171119000048

       京都の伝統工芸の職人の間で、LGBT(性的少数者)の尊厳を象徴するレインボーフラッグを..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      紅葉の京都に朝鮮通信使
      再現パレード華やかに

      20171119000129

       江戸時代を中心に、朝鮮国王が修好のため日本に派遣した外交使節団「朝鮮通信使」の行列を再..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「普遍的知識人」の時代終わり? 京都、浅田彰教授が講演

      20171119000108

       現代思想や芸術、文学などジャンルを横断して発言してきた京都造形芸術大の浅田彰教授が19..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      森林整備や省エネPR 京都・長岡京で環境フェア

      20171119000028

       京都府長岡京市内で展開している環境活動をPRする「環境フェア」が18日、同市天神4丁目..... [ 記事へ ]

      国際

      聖書博物館がワシントンで開館
      トランプ政権下の展示注目

      20171119000008

       【ワシントン共同】聖書の歴史や聖書が米国社会に与えた影響を振り返る「聖書博物館」が18..... [ 記事へ ]