出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

名将たちの甲子園 葛藤や苦悩を書籍化

「一歩の会を越える会」の今井代表と、出版された「甲子園監督」(大津市・大津商高)
「一歩の会を越える会」の今井代表と、出版された「甲子園監督」(大津市・大津商高)

 全国の高校野球監督の有志が集まるグループで、彦根東高(滋賀県彦根市)野球部前監督の今井義尚さん(57)=大津商業高校長=が代表を務める「一歩を越える会」が発足4年目の集大成として行った座談会がこのほど、本にまとまった。タイトルは「甲子園監督」(池田書店)。2度の全国制覇を誇る日大三高(東京)の小倉全由監督ら名将7人が監督としての葛藤や苦悩を熱く語る。4年ぶりの甲子園で7日に初戦を迎える彦根東高が実践してきた文武両道の底流も読み取れる。

 7人は今井代表と小倉監督のほか、昨夏全国優勝した作新学院高(栃木)の小針崇宏監督、清峰高(長崎)を全国の頂点に導いた吉田洸二監督(現山梨学院高)ら。今年1月に大津市で座談会を行い、旧知の監督同士が本音で語り合った。

 20のテーマに分けて語られ、「2回裏 エースと4番」「3回裏 家族関係」などと独特の仕立て。「保護者」「学内業務」などあまり語られてこなかった切り口のテーマもある。春夏通算19度の甲子園出場を誇る小倉監督は「何年監督やっても自分はだめ。負けた時は自分が立ち上がれない」と心情を吐露。家族関係の章では、自らが離婚し父子家庭で野球と子育ての両立に悩みながら現場に立つ指導者の独白もある。

 2009年春に彦根東高を56年ぶりの甲子園に導いた今井代表は「目標を持って努力する中で、進学でも『行きたい大学』にチャレンジする傾向が目立ってくる。浪人しても恐ろしく学力が伸びる子が増えてきた」と意識付けの大切さを強調する。

 同会は今井代表が親交のある指導者に呼び掛け、14年に発足。滋賀、京都の監督を中心に100人近くが大津に集まり、泊まり込みで議論してきた。今井代表は「甲子園に出るような監督でも日々苦悩と戦っている。若い監督や野球以外の競技の指導者にも参考になるのでは」と話す。

 大津市在住のフリーライター吉村淳さんの編。288ページ、1296円。

【 2017年08月05日 15時10分 】

ニュース写真

  • 「一歩の会を越える会」の今井代表と、出版された「甲子園監督」(大津市・大津商高)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      青森・弘前さくらまつり開幕
      北国に春、桜見ごろ

      20180421000080

       日本屈指の桜の名所として知られる青森県弘前市の弘前公園で21日、恒例のさくらまつりが始..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株続落、201ドル安
      アップルが下げ主導

      20180421000005

       【ニューヨーク共同】20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3日続落し、前..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      主題歌も京都発バンド 「リズと青い鳥」声優に本田望結も

      20180421000026

       京都アニメーション(京都府宇治市、通称京アニ)の新作映画「リズと青い鳥」が21日から全..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底の岩塊「短期間で化石化」
      頑丈なトンネルに応用も

      20180420000170

       海底に沈んだ生物の死骸を覆って化石化させる球状の岩の塊が、従来考えられていたよりもはる..... [ 記事へ ]

      国際

      国連で「琉球独立」主張
      先住民会議、米基地問題も

      20180421000071

       【ニューヨーク共同】米ニューヨークの国連本部で開催中の先住民問題の会議に、沖縄独立を掲..... [ 記事へ ]