出版案内
福祉事業団

堅守速攻で世界一目指す ユニバ女子サッカー望月監督

ユニバーシアードに向け意気込みを語る望月聡監督(大津市におの浜1丁目)
ユニバーシアードに向け意気込みを語る望月聡監督(大津市におの浜1丁目)

 びわこ成蹊スポーツ大(大津市北比良)男子サッカー部の望月聡監督が、19日に台北で開幕する第29回ユニバーシアード競技大会の女子サッカー日本代表を率いる。監督を務めるのは3位に輝いた前回に続き2大会連続。女子日本代表「なでしこジャパン」のコーチとして、2011年ワールドカップの優勝を支えた指揮官は「堅い守備から効果的な速い攻撃を展開して優勝を目指す」と、意気込みを語る。

 ユニバーシアードは「学生のオリンピック」と呼ばれ、2年ごとに開催される。サッカー女子日本代表は早稲田大、日本体育大、大阪体育大など10大学から選抜された20人。日本が入ったグループリーグは3チームで構成され、20日にコロンビア、22日にブラジルと対戦する。順位決定戦まで中1日で試合が続く体力的に厳しい試合日程だ。

 「なでしこジャパン」の活躍で世界でも強豪のイメージが強い日本の女子サッカーだが、近年は他国が力を伸ばしている。大学生の大会も同様で、望月監督は「前回もフランスやロシアなどが強く、日本は勝てないという予想だった」と話す。チームづくりの期間は短く、堅守から少ない好機をものにしたことで銅メダルを獲得できたと振り返る。

 今回は8日に静岡で直前合宿に入り、14日に台北入りするスケジュール。「最低限の戦い方を決め、各選手の長所を生かした配置などを数日間で見極めたい」と話す。

 40度近い気温の中での試合となり、「ボールを回しすぎずにシュートで終わる」といった戦い方もポイントになる。「相手の力量などは未知数。臨機応変に戦うことが大事だが、それが逆に面白い。20人の選手と7人のスタッフからなる『チーム27』で戦い、日本女子サッカーの発展に貢献したい」と、日焼けした顔を引き締めた。

 ユニバーシアードの男子サッカーには、びわこ成蹊スポーツ大サッカー部のDF宮大樹選手も日本代表として出場する。

【 2017年08月16日 22時00分 】

ニュース写真

  • ユニバーシアードに向け意気込みを語る望月聡監督(大津市におの浜1丁目)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      噴火の前兆活動、観測されず
      想定外の火口、気象庁監視強化へ

      20180123000129

       気象庁の斎藤誠火山課長は23日、草津白根山の噴火を受けた記者会見で「噴火の前に火山活動..... [ 記事へ ]

      経済

      自動運転隊列トラックの実証実験
      静岡・新東名高速で

      20180123000127

       日野自動車などトラックメーカー4社と豊田通商は23日、自動運転技術を活用し、トラック3..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      竹細工の戌が参拝者出迎え 京都・子守勝手神社

      20180123000062

       子守勝手神社(京都府長岡京市粟生)の境内に今年の干支(えと)の戌(いぬ)をかたどった竹..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自治体条例127万件超を横断検索 同志社大教授ら公開

      20180123000072

       全国の地方自治体が定めた127万件超の例規(条例や規則など)をインターネットで横断検索..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京大iPS研に「山中所長辞めないで」 論文不正で市民ら

      20180123000089

       京都大iPS細胞研究所の助教がデータ改ざんなどをした論文を発表した問題が明らかになって..... [ 記事へ ]

      国際

      米、自由の女神に客足戻る
      観光客、正常化に安堵

      20180123000015

       【ニューヨーク共同】米連邦政府機関の一部閉鎖で業務が停止していたニューヨークの観光名所..... [ 記事へ ]