出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

堅守速攻で世界一目指す ユニバ女子サッカー望月監督

ユニバーシアードに向け意気込みを語る望月聡監督(大津市におの浜1丁目)
ユニバーシアードに向け意気込みを語る望月聡監督(大津市におの浜1丁目)

 びわこ成蹊スポーツ大(大津市北比良)男子サッカー部の望月聡監督が、19日に台北で開幕する第29回ユニバーシアード競技大会の女子サッカー日本代表を率いる。監督を務めるのは3位に輝いた前回に続き2大会連続。女子日本代表「なでしこジャパン」のコーチとして、2011年ワールドカップの優勝を支えた指揮官は「堅い守備から効果的な速い攻撃を展開して優勝を目指す」と、意気込みを語る。

 ユニバーシアードは「学生のオリンピック」と呼ばれ、2年ごとに開催される。サッカー女子日本代表は早稲田大、日本体育大、大阪体育大など10大学から選抜された20人。日本が入ったグループリーグは3チームで構成され、20日にコロンビア、22日にブラジルと対戦する。順位決定戦まで中1日で試合が続く体力的に厳しい試合日程だ。

 「なでしこジャパン」の活躍で世界でも強豪のイメージが強い日本の女子サッカーだが、近年は他国が力を伸ばしている。大学生の大会も同様で、望月監督は「前回もフランスやロシアなどが強く、日本は勝てないという予想だった」と話す。チームづくりの期間は短く、堅守から少ない好機をものにしたことで銅メダルを獲得できたと振り返る。

 今回は8日に静岡で直前合宿に入り、14日に台北入りするスケジュール。「最低限の戦い方を決め、各選手の長所を生かした配置などを数日間で見極めたい」と話す。

 40度近い気温の中での試合となり、「ボールを回しすぎずにシュートで終わる」といった戦い方もポイントになる。「相手の力量などは未知数。臨機応変に戦うことが大事だが、それが逆に面白い。20人の選手と7人のスタッフからなる『チーム27』で戦い、日本女子サッカーの発展に貢献したい」と、日焼けした顔を引き締めた。

 ユニバーシアードの男子サッカーには、びわこ成蹊スポーツ大サッカー部のDF宮大樹選手も日本代表として出場する。

【 2017年08月16日 22時00分 】

ニュース写真

  • ユニバーシアードに向け意気込みを語る望月聡監督(大津市におの浜1丁目)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      皇太子ご夫妻、彦根城など訪問 滋賀、市民と交流

      20180527000044

       皇太子ご夫妻が25日と26日に滋賀県長浜市や彦根市などを訪問され、地元関係者らと親睦を..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の空き町家再生へネット出資 宿泊施設改装へ取り組み

      20180527000043

       インターネット上で資金を募るクラウドファンディング(CF)を活用し、京都市東山区にある..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      かやぶき音楽堂に優雅なメロディー 京都・南丹

      20180527000038

       鮮やかな新緑に包まれたかやぶき音楽堂(京都府南丹市日吉町)で26日、「初夏のかやぶきコ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      先端教育や朝鮮語習得に力 京都朝鮮初級学校、移転から5年

      20180526000088

       在日朝鮮人の児童らが通う「京都朝鮮初級学校」が京都市伏見区の現在地に移転し、新校舎が完..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      皇太子さま「緑と水、大切さ理解を」 滋賀でみどりの愛護式典

      20180526000058

       第29回全国「みどりの愛護」のつどいの式典が26日午前、滋賀県長浜市田村町の長浜バイオ..... [ 記事へ ]

      国際

      中絶合法化の投票、賛成派が勝利
      アイルランド

      20180527000005

       【ロンドン共同】人工妊娠中絶の合法化の是非を問うアイルランドの国民投票は26日、開票結..... [ 記事へ ]