出版案内
福祉事業団

ボクシング山中「足が止まった」 王座陥落、敗因語る

敗戦から一夜明け、記者会見する山中慎介=16日、京都市内のホテル
敗戦から一夜明け、記者会見する山中慎介=16日、京都市内のホテル

 世界王座13連続防衛を懸けた世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチの敗戦から一夜明けた16日、山中慎介(帝拳、南京都高-専大出、湖南市出身)が京都市内で記者会見し、王座陥落の心境や試合内容、今後の進退について語った。会見での一問一答は次の通り。

 -一夜明けた心境は。

 「初めてTKOで負け、自分自身も悔しかったが、期待して見に来てくれたお客さんや後援会、母校の方々に申し訳ない気持ち」

 -改めて試合を振り返って感想は。

 「映像で確認した。相手のパンチが効いている感覚はなかったが、実際ばたついていた。(タオルを投げ入れた)トレーナーを責めることはない。今もダメージはない」

 「(挑戦者が)距離を詰めて戦ってくるのは想定内。足を使ってバックステップやサイドに回れず連打を許した。自分はガードしてうまく相手の攻撃を切り抜けるタイプではない。足が止まってしまったところは敗因」

 -4回の試合が終わった場面について。

 「相手が連打してきて焦った部分はあった。周りから見たらピンチかもしれないが、まだやりたいという気持ちはあった。ここを乗り切ればという思いもあった」

 「負けて言うのもあれだが、(挑戦者の)ネリは一発のパンチがそれほどある訳じゃない。荒々しく振ってきた時に、自分自身に焦りがあったのかな」

 -今後の進退は。

 「いろいろ考えたが、答えはすぐに出せない。力を出し切ってないから悔しい部分はある。でもここ最近の防衛戦で危なっかしい場面を見せてきたのも確か。それも含めてもう少し考えたい。何カ月も引っ張ることはない」

 「正直、自分の気持ちとしては今回の試合で納得いく勝ち方であれば、それでもういいのかなと思っていた。こういう内容だったので悩んでいる」

【 2017年08月17日 10時10分 】

ニュース写真

  • 敗戦から一夜明け、記者会見する山中慎介=16日、京都市内のホテル
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      秋篠宮夫妻、チリ到着
      国交120年で公式訪問

      20170927000002

       【サンティアゴ共同】日本との国交樹立120周年を迎えた南米チリと国際親善を深めるため、..... [ 記事へ ]

      経済

      ユニー・ファミマ新ポイント検討
      ドンキ店舗での利用も視野

      20170927000005

       ユニー・ファミリーマートホールディングスの高柳浩二社長(65)は26日までに共同通信の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      トルストイらの自筆書簡ずらり 京都外大が展示会

      20170926000133

       世界の歴史上の著名人による自筆資料と著作を集めた展示会「世界の軌跡を未来の英知に」が、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「世界に開かれた京都精華大に」 新学長にウスビ・サコ氏

      20170925000129

       京都精華大は25日、竹宮恵子学長(67)の任期満了に伴う次期学長に、西アフリカ・マリ出..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      複数人の心拍、同時に計測 京大などセンター開発

      20170926000147

       体に装置を付けずに複数人の心拍数を同時に計測できるセンサーを、京都大とパナソニックが共..... [ 記事へ ]

      国際

      拉致の松本京子さん結婚写真か
      韓国団体、日本に提供へ

      20170926000142

       1977年に北朝鮮に拉致されたと日本政府が認定した鳥取県米子市の松本京子さん=失踪当時..... [ 記事へ ]